ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ビルボードNo.1シングル満載!レオナ・ルイス映画初出演作となるミュージカル・コメディ『踊るアイラブユー♪』が7月に公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 【アカデミー賞】作品『レ・ミゼラブル』の音楽プロデューサーが手掛ける最新ミュージカル映画『踊るアイラブユー♪』が、7月10日より全国公開される。

 映画『フル・モンティ』で<アカデミー賞作曲賞>を受賞、【アカデミー賞】作品『レ・ミゼラブル』の音楽プロデューサーの音楽監督アン・ダッドリーが手掛ける、南イタリアのリゾート地を舞台にしたミュージカル・コメディ『踊るアイラブユー♪』。

 3年前に別れた恋人が忘れられない、恋に慎重な主人公テイラー。そんな中、天真爛漫な姉マディが突然の結婚宣言、その相手というのがテイラーの元カレという姉妹の三角関係を描いたコメディ作品だ。今作は【グラミー賞】ノミネート経験を持つ、イギリス人シンガーソングライター、レオナ・ルイスの映画初出演作となっており、主人公テイラーの友人エレナ役を好演している。

 姉と同じ人を好きになってしまった妹とその彼との恋の行方を盛り上げるのが、マドンナ、ホイットニー・ヒューストン、シンディ・ローパー、ワム!など誰もが一度は聞いたことの80年代のヒット曲の数々。その内8曲が米ビルボード・シングル・チャートで1位を記録した大ヒット・ナンバーで、出演キャストが夏の解放感溢れるビーチ、街角、空港、プールサイドなどをバックにハッピーに踊り歌いあげる。これらの楽曲計19曲を収録したオリジナル・サウンドトラックも6月24日にリリースされる予定だ。

 『踊るアイラブユー♪』は、7月10日よりTOHOシネマズシャンテをはじめ、全国にて公開される。

◎『踊るアイラブユー♪』予告
https://youtu.be/p_g5UymyqGQ

◎米ビルボード1位獲得 劇中使用曲
「ヴィーナス」(1986) / バナナラマ
「恋は手さぐり」(1985) / ホイットニー・ヒューストン
「パワー・オブ・ラヴ」(1986) / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』主題歌)
「愛の残り火」(1981) / ヒューマン・リーグ
「胸いっぱいの愛」(1988) / バングルス
「フェイス」(1987) / ジョージ・マイケル
「愛のぬくもり」(1989) / ロクセット(『プリティ・ウーマン』挿入歌)
「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」(1984) / ワム!

◎『踊るアイラブユー♪』オリジナル・サウンドトラック収録曲
01. ホリデイ
02. ヴィーナス
03. ハウ・ウィル・アイ・ノウ
04. ザ・パワー・オブ・ラヴ
05. ザッツ・ワット・ウェディングス・アー・オール・アバウト
06. ドント・ユー・ウォント・ミー
07. ユア・クリプトナイト
08. ウォーキン・オン・サンシャイン
09. イン・ザ・ウェイヴス
10. エターナル・フレーム
11. ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン
12. ワイルド・ボーイズ
13. イットマストハヴビーンラヴ
14. フェイス
15. イントゥ・ザ・チャーチ
16. ホワイト・ウェディング
17. イッツ・ヒム
18. イフ・アイ・クッド・ターン・バック・タイム
19. ウェイク・ミー・アップ・ビフォー・ユー・ゴーゴー

◎作品情報
『踊るアイラブユー♪』
出演:アナベル・スコーリー、ハンナ・アータートン、ジュリオ・ベルーチ、グレッグ・ワイズ、レオナ・ルイス
監督:マックス・ギーワ&ダニア・パスクィーニ
音楽:アン・ダドリー
脚本:ジョシュア・セント・ジョンストン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
7月10日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開

Photo: cWOS DISTRIBUTION (IRELAND) LTD. 2014

関連記事リンク(外部サイト)

【『ピッチ・パーフェクト』ボーカル選手権】開催、音楽アプリとのコラボ企画第1弾
アナ雪最新短編作『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』から新たなビジュアル写真公開
DJスヴェン・ハンセン=ラヴをモデルに90年代パリの音楽シーンを描いた『EDEN/エデン』が公開決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP