ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港民主化運動に習近平強硬姿勢 第2の天安門事件の懸念も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国政府に抗議する民主派学生が昨年、香港で展開した座り込み占拠活動「雨傘革命」には世界が注目したが、年末に香港警察によって強制排除されてからはこの問題が大きく報じられることはなくなった。

 しかし、民主派と当局の対立はむしろ高まっている。習近平・国家主席は民主派メディアへの弾圧を強め、さらに人民解放軍の投入も厭わない構えだ。民主化運動に身を投じた学生たちが人民解放軍の武力弾圧によって命を奪われた天安門事件(1989年6月4日)から26年。「第2の天安門事件」が目前に迫る緊迫の現場からジャーナリストの相馬勝氏がレポートする。

 * * *
 民主化運動の焦点が行政長官選挙だ。香港ではこれまで1200人の各界代表で構成される選挙委員会が長官を選んできた。過半数を獲得すれば当選だが、同委は親中派色が強く、民主派候補が当選することは事実上不可能だ。

 それに対して、新たな選挙法案は市民約350万人に選挙権が与えられる「自由選挙」が建て前だ。しかし、立候補者は、「選挙委員会」の看板をかけ替えただけの「指名委員会」委員の過半数の推薦を獲得しなければならないことにされたため、民主派は立候補する前に親中派から排除されてしまう。民主派はこれを「ニセ選挙」と呼んで、法案を押し付ける習近平指導部を激しく批判している。

 法案の可決には立法会議員70人中、3分の2の47人の賛成が必要だ。民主派議員が27人を占めるため、常識的に考えれば法案は否決されるはずだが、中国側が民主派の切り崩しにかかっている。4人が賛成に回れば、親中派が逆転する。しかも法案が否決されても選挙方法は現状のままだから、長官に親中派候補が選ばれるのは確実。いずれにしても民主化は進まない。

 香港の中国系テレビ局ATVの劉瀾昌・高級副総裁(報道・広報担当)は「来年は立法会選挙が、2017年には長官選挙が行なわれるだけに政治的混乱は避けられない。経済にも大きく影響し、最悪の場合、香港経済は今後10年間、低迷することも考えられる」と悲観的だ。

 香港で第2の発行部数を誇る「蘋果日報(通称・リンゴ日報)」の創始者で、香港の民主化運動のバックボーン的存在として知られる黎智英(ジミー・ライ)氏は「すでに、昨年の雨傘革命によって香港の問題点が明らかになっており、これを解決しなければ、再び若者が決起し、香港は統治不能になるだろう」と予測するが、そうなれば中国政府による軍導入の選択肢も否定できない。

 昨年の雨傘革命が盛り上がる最中に行なわれた党中央委員会第4回総会(4中総会)で習近平氏は「香港を中央の管轄から離脱させようとしている者がいる。我々はそれに絶対に応じられないし、絶対に実現しない」と演説し、徹底的に叩きつぶす方針を掲げた。

 実際、演説を受けて党指導部は香港に隣接する広東省深セン市に党政治局常務委員をトップとする危機処理グループの本部を置いて人民解放軍、武装警察の幹部を常駐させ、昨年12月の強制排除を実現させた。

 現在も、引き続き香港の周囲には人民解放軍が即応態勢を整えて集結している。選挙法案そのものが武力を背景に押し通されようとしているのである。

 再び香港で民主化運動が盛り上がれば、すでに強制排除を“予行演習”した習近平指導部は力による解決をためらわないだろう。香港で「第2の天安門事件」が起こる可能性は確実に高まっている。ライ氏が民主派メディアを立ち上げるきっかけとなった天安門事件が、「自由と尊厳」を体現していたはずの香港で繰り返されることを防ぐのは、香港人の強い意志と、世界の監視・批判の目である。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香港の大学教授「民主派は見せしめのため厳しく罰せられる」
香港の民主化運動 習近平氏は流血弾圧さえ辞さない構えか
香港で民主派学生らを強制排除へ 天安門事件の再来も懸念

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP