ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口いづみ 芸能活動をしている二人の息子について霊視を依頼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 予約は2年半待ちの喫茶店のスピリチュアルマスター“ムロケン”こと室井健助さんの霊視相談。今回は、ベテラン女優の山口いづみ(60才)を霊視した。

 山口が知りたがったのは、約40年ぶりに復活した歌手活動と、ふたりの息子の今後について。

山口:今、クロアチアやフランス、ポルトガルなど、外国の曲を現地の言葉で歌わせていただいているんです。日本人の私が原語で歌っているということで、すごく歓迎していただいたんですが。このお仕事、続けていっていいでしょうか。

室井:もちろん! 晩年は何をしてもうまくいく「大運線」が出ていますから。お仕事って慣れるより、新しいことをしたほうがいい。何かを覚えるって、とてもいい脳トレ。ますます老化防止になりますよ。

山口:わかりました! あと、成人したふたりの息子のことも聞いておきたいんですが。上の子(山口賢人・27才)が役者をしていて、下の子はミュージシャン(26才)なんです。

室井:上のお子さんは明るい性格だけど、若干飽きっぽいところがあるから、しっかり者の嫁さんをつけた方がいいですよ。下のお子さんは、ちょっと強い面を持っているけれど、心配はいらない。

山口:よくわかります(笑い)。上は「もうちょっと自分を心配したら?」っていう感じなんです。下の子の方が私に似て心配性なんですけど、仕事も含めて、ちゃんと自分で道を開くタイプですね。長男にはしっかり者のお嫁さんですね。よく覚えておきます(笑い)。

◆鑑定を終えて――

室井:手相が二重三重になっていて昔はあまり健康状態がよくなかったのが視えたのですが、現在の健康状態はだいぶよくなっていて、本当によかった。これからは年を取ることを楽しんで、日本一すてきなおばあさん役を演じていただきたいです。

山口:自分の運命がどういうものなのか、知りたいようで知りたくないようなところもあったんですけれど、「そんなに心配いらないよ」と、後ろから背中を押していただいたような気持ちです。歌手としても女優としても、これまで以上に楽しんでいこうと思います。

※女性セブン2015年6月18日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
60代母の悩み「40才次男が独身」「子が経済的自立してない」
ユニクロのヒートテックに関する母ちゃんからのおバカメール
嫉妬男 妻が宅配ピザ受け取っただけで「なに色目使ってんだ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP