ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作『トーテム』が2016年開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作『トーテム』が、2016年2月より開催されることが決定した。

 前作【ダイハツ オーヴォ】では、全国5都市で558公演、132万人の動員を記録したシルク・ドゥ・ソレイユ。次作の『トーテム』は、 過去と未来で繰り広げられる人類の進化をテーマに語られるスペクタル・ロマンで、初めて披露されるスピード感あふれるアクロバティックな演目が続々と登場する。

 まず幕開けは鉄棒とトランポリンの技を組み合わせた、スピーディでダイナミックな『バー(カラペース)』だ。その他にも、高さ 2mの一輪車に乗る 5 名のアーティストが驚くばかりの機敏さとバランスで金属製のボウルをジャグリングする 『ユニサイクル・アンド・ボウル』や、 ローラースケートを履いた2名の男女が直径1.8mの円形のプラットホーム上で超高速回転&旋回する『ローラー・スケート』など、日本公演初となる演目が目白押しとなる。さらに最新テクノロジーを駆使し、映像と演目をコラボレーションさせることで、シーンごとに全く異なる世界観が描き出される。チケットは、フジテレビダイレクトにて8月8日より先行発売スタート。

関連記事リンク(外部サイト)

香取慎吾、シルク・ドゥ・ソレイユ新公演の“特命大使”に  ディアボロ成功させ「SMAPなので」
劇団四季『アラジン』開幕、浅田舞「見どころが本当にたくさん」
ケイシー・ニコロウ「『アラジン』は、四季と大変相性の良い作品」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP