ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J率いるアコースティックプロジェクト“D.F.F.”がついに再始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月5日(金)、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにてJが率いるアコースティックプロジェクト「Dessert Flame Frequency」の再始動公演が開催された。

Dessert Flame Frequency(通称D.F.F.)は約5年前に結成され、久しく活動することはなかったが、この度、ついに待望の再始動となった。ステージにはJを筆頭に、昨年末までソロ活動スタート時より苦楽を共にしてきたギタリスト藤田高志、現JバンドのメンバーであるScott Garrett(Dr)、溝口和紀(Gu)、masasucks(Gu)、そして、現在制作中の最新アルバムでもドラムで参加している有松益男の面々がセクションごとに入れ替わって登場し、Jがこれまで生み出してきた楽曲たちを、次々にアコースティックアレンジで披露。Jバンドでの熱やエネルギーが形を変え、時に静寂の中にも異なる輝きを放ち、時に軽快なリズムと緊張感が同居するジャズ的要素も垣間見せるなど、あらためてそれぞれの楽曲が持つ奥の深さと、メロディーや歌詞、憂いが色濃く表現されたステージとなった。

MCでは一転、Jと藤田の軽快なやり取りで、オーディエンスも終始笑いの絶えないリラックスした雰囲気に。いつもとはまた一味違うD.F.F.ならではの特別な空間が広がっていた。

アンコールで全メンバーが一同に登場すると、Jから今年の12月に再びD.F.F.としてライブが開催されることを発表され、大きな拍手と歓声が沸き起こる中、華やかなステージ上からは優しく力強いアコースティックサウンドが鳴り響き、再始動の一夜は幕を閉じた。

そんなJは、6月にはLUNA SEAとして史上最狂のロックフェスLUNATIC FEST.に挑む。そして、8月には恒例のバースデイライブと初のサマーソニックへの出演、9月からは約2年振りとなる全国ツアーの開催、さらには記念すべきソロ10枚目のフルアルバムリリースも予告するなど、2015年も止まることなく加速していく。

【セットリスト】
M01 A FIT
M02 BURN OUT
M03 Go with the Devil
M04 Suicide Dream
M05 RECKLESS
M06 Blank
M07 here we go
M08 Twisted Dreams
M09 If you can see me
M10 island
M11 inst ~ URGE
M12 LIE-LIE-LIE
M13 BUT YOU SAID I’M USELESS
M14 PYROMANIA
EN1 NOWHERE
EN2 Feel Your Blaze

『Dessert Flame Frequency』
12月19日(土)  渋谷duo MUSIC EXCHANGE
12月20日(日)  渋谷duo MUSIC EXCHANGE
OPEN 17:00 / START 18:00
チケット料金:
¥5,000(税込/スタンディング/当日ドリンク代別途)

『F.C.Pyro. presents-J Birthday SPECIAL LIVE-』
8月12日(水) 赤坂BLITZ
※FC会員限定公演
17:15開場 / 18:00~SPECIAL企画 / 19:00ライブ開演
チケット料金:
¥5,300(税込/当日ドリンク代別途)

『J LIVE TOUR 2015 – Live On Instinct – 』
9月05日(土) 仙台Rensa  
9月06日(日) 新潟LOTS
9月12日(土) 高松DIME
9月13日(日) 広島CAVE-BE
9月19日(土) 福岡DRUM Be-1
9月20日(日) 福岡DRUM Be-1
9月23日(水・祝) 札幌cube garden
9月26日(土) 金沢AZ
9月27日(日) 長野CLUB JUNK BOX
10月03日(土) 名古屋BOTTOMLINE
10月04日(日) 梅田CLUB QUATTRO
10月10日(土) 赤坂BLITZ

<チケット>
一般発売:2015年7月25日(土)
料金:¥5,300(税込/スタンディング/当日ドリンク代別途)
※新潟LOTSのみドリンク代無し

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
J オフィシャルHP
LUNA SEA、InterFMで特番「"LUNATIC FEST." SPECIAL !!」決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP