ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】あなたの会社メールは大丈夫? 情報漏えい対策に「リモートメール for Smartphone」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会社のメールをスマホでチェックすることが、当たり前になった。

でも、それによって情報漏えい対策が気になるところ。

そこで、携帯端末にメールを残さない「リモートメール for Smartphone」のサービスに、注目が高まっている。

株式会社fonfun小林 恵理(こばやし えり)サービス推進部 企画課 課長に、話を聞いた。

・携帯端末にメールを残さない

Q1: ずばり、「リモートメール for Smartphone」とはどのようなサービスで
しょうか?

会社や自宅PCのメールをスマートフォンで送受信できるサービスです。

また、サブアドレスを5つまで取得し、ご自由にご利用いただけます。

メーリングリスト作成やスケジュール管理、メール上からのFAX送信など、コースによってメールに関する様々な機能をご利用いただけます。

・スマホ時代にも対応 情報漏えいを防ぐシステム

Q2:「リモートメール 」は、元々1999年にi-modeにてサービスを開始した、大変歴史のあるサービスです。スマホで会社のメールをチェックするのが当たり前になった現在も選ばれているのは、なぜでしょう?

「リモートメール 」は、スマホのメール転送サービスとは異なり、アクセスのたびにサーバーに直接メールを見に行く仕組みになっております。

携帯端末及びリモートメールサーバー内にメールは残りませんので、情報が漏えいする心配はありません。携帯端末内にメールデータが蓄積しないため、端末の容量を圧迫することなく快適にご利用いただけます。

・ウイルス感染防止にも効果的

また、添付ファイルはサーバーで画像に変換し内容が確認できるので、ウイルス感染の心配がありません。

「リモートメール 」でメールの削除をするとサーバーからもそのメールが削除されるので、PCで受信する前に迷惑メールやウイルスの疑いのあるメールを削除すれば、ウイルス対策にも有効です。

最近メールの添付ファイルでウイルスに感染したことによる情報漏えいのニュースがありましたが、PCメールをスマホで送受信することが当たり前になった今、スマホメールのセキュリティ・ウィルス対策は必須といえます。

Q3: 「リモートメール for Smartphone」は、どのように使うのでしょうか?

お申込み後、PCメールのアカウント情報を設定いただければ、すぐにメールを閲覧することができます。

移動中の隙間時間、帰省中、海外旅行中など、時間と場所を選ばずいつでもPCメールのチェックが可能になります。

一部ユーザーのクエストによりAndroidアプリに対応いたしましたが、現在Webブラウザにてご利用のユーザーが多い状況です。

選べる4つの有料コース

Q4: 月額料金は4種類あるそうですね?それぞれの特徴を教えてください。

ライトコース(税込216円)ではPCメールの送受信、サブアドレスの利用、FAX送信(A4用紙3枚分)、受信添付ファイルの閲覧がご利用いただけます。

スタンダードコース(税込324円)になりますと、メーリングリスト、迷惑メールブロック(サブアドレスのみ)、添付ファイルの送信(3つ)、FAX送信(A4用紙20枚分)、ZIPファイルの解凍がご利用いただけます。

プレミアムコース(税込540円)では、上記に加え、PCメールの着信通知、添付ファイルの送信(7つ)、FAX送信(A4用紙35枚分)、パスワード付き添付ファイルの解凍・閲覧、スケジュール管理がご利用いただけます。

ビジネスコース(税込2160円)は、さらにFAX送信(A4用紙75枚分)の枚数が大幅に増えと、グループウェアなどの会社のインフラにスマホから安全にアクセスできる「リモートブラウザ機能」がご利用いただけます。

Q5: 新しくau・SoftBankユーザー向けにサービスが始まりましたが、ユーザの反応はいかがでしたか?

ガラケーユーザーからは「スマホへ機種変更した後も同じ価格で利用できるようになった」と喜びの声が届いております。

ネット環境があれば「リモートメール 」は海外でも使えるので、万全のセキュリティーの中で安心して会社のメールをチェックできるサービスだ。

(Writer: Saera Jin)

リモートメール for Smartphone (PC用ホームページ)
リモートメール for Smartphone (携帯用サイト)

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP