ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第34回 『魔鬼雨』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今回は、梅雨シーズンにピッタリの作品『魔鬼雨』を紹介しよう。「まきう? 魔鬼雨参上!」……違う! これは暴走族のチーム名でも未公開映画のビデオ邦題でもなく、れっきとした劇場公開作品の題名だ。

私が高2だった1976年の夏休み明け、変わった題名も手伝ってか、「恐怖の雨が人間を溶かす!」というキャッチコピーの映画がクラスで話題になっていた。そして各紙の広告欄や映画館で配布されるチラシには、「雨に打たれた人々は、両眼から緑色の液体をほとばしらせ、ドロドロに溶けていく」「ラストの20分間、画面にくり広げられる余りにショッキングな光景に、果たしてあなたは目を塞がずにいられるだろうか?」と、最大の見せ場がネタバレに近い露出度で喧伝されていたのだ。

舞台はアメリカの郊外。300年前、悪魔崇拝者だったプレストン家の先祖は、教団から悪魔聖書を盗み出し、教団は弾圧され首領は火あぶりとなる。そして現代、首領の子孫コービスは裏切り者への復讐と聖書奪還のため、プレストン家の主を殺し夫人を拉致する。その息子マークは教団の本拠地に単身で殴り込むが、母親もろとも教団に両目を奪われ、悪魔教の信者にされてしまう。

マーク役の、いかにもヒーロー然としたウィリアム・シャトナーは、『スタートレック』シリーズのエンタープライズ号初代艦長「カーク船長」としてお馴染み。そしてコービス役は、そのギョロ目を一目見たら一生忘れない名バイプレーヤーのアーネスト・ボーグナイン。サム・ペキンパーの最高傑作『ワイルドバンチ』(69年)、豪華客船沈没パニック映画の草分け『ポセイドン・アドベンチャー』(72年)など様々な分野の作品で、主人公を食った存在感を示している。また最低映画を決めるゴールデンラズベリー賞の第2回で、『エルム街の悪夢』で有名なウェス・クレイヴンの日本未公開作『インキュバス 死霊の祝福』(81年)の演技が最低助演男優賞に選ばれたことも、ある意味勲章だ。

さて、主人公のマークが倒れ「この先どうなるのか?」と思いきや、実はマークには大学で超能力を研究しているトムという兄がいた(中盤でやっと出てくる真の主人公)。しかも妻のジュリーは霊視能力を持つ超能力者。家族が行方不明になったことを知るトムとジュリーは(トムとジェリーか!)教団の本拠地へ。トム役は『エイリアン』(79年)のノストロモ号船長役のトム・スケリット。奇しくも、有名SF作品の船長同士が兄弟だ。トムは砂漠で行われているサバトに潜入する。コービスが呪文を唱えると「ボーン!」と煙が上がり、羊の角を生やした魔王サタンに変身(ボーグナインの扮装)。ボーグナイン一世一代の特殊メークだが、個性が強すぎて「怪人ヒツジ男」にしか見えない(笑)。

そして母親と弟だけに止まらず、妻まで教団に捉えられたトムは、大学のリチャーズ博士を伴いリベンジに挑む。トムと博士は、教会の祭壇の床下から羊の角を模した装飾の壺を発見する。奇妙なことに、壺の中心にはテレビモニターのようなものがあり、中で大勢の人々が雨に打たれ、喘ぎ苦しんでいる様子が映し出されている。この壺が、300年間に渡りコービスが人間の魂を詰め込んできた「魔鬼雨」と呼ばれるものだった。

この後、トムと教団が壺の取り合いとなり、博士の必死な説得に応じたマークが、壺を床に叩き付けて木端微塵にする。すると天井にボコッと大穴が開き、雨が教会内に降り注ぎ、雨に打たれた信者らが苦しみ出し、ドロドロとロウソクのように溶け始める。マークも母親もボーグナインのギョロ目サタンも、どこにいるかわからんが、この作品がデビューのジョン・トラボルタも溶けていく。『猿の惑星』の特殊メーキャップを担当したエリス・バーマンとトム・バーマンが作り上げた壮絶な地獄絵図だ。確かにここは、アナログ特撮が主流の当時としてはショッキングかも。あっ、サタンのギョロ目が1個だけ落ちそうで落ちない(笑)。力尽きたサタンは壺のあった床下に転落し、なぜか「ドッカーン!」と爆発、教会は燃え落ちる。最後にヒッシと抱き合うトムとジュリー。だがジュリーの顔はギョロ目オヤジに変わっていた(イヤなオチ)。

 この映画は、全米では当時の歴代最高ヒット作『ジョーズ』に次ぐ興行収入を記録したというが、日本ではブームに至らなかった。日米の反応の違いは、悪魔に対する宗教観の相違からか? というのも、この作品のテクニカル・アドバイザーを務めたのは、1966年にサンフランシスコで悪魔教会(The Church of Satan)を創立したアントン・ラヴェイ司祭長。まさにリアル・サタニスト映画。全米が注目したわけだ。

■関連記事

第33回 『殺人豚』
第32回 『溶解人間』
第31回 『あ・ら・ぱ・あ・ぷ 顔面溶解女のおたけび』

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP