ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「子どもにとって最悪な親とは」米医師の寄稿が話題 「自己陶酔型の親」の悪影響を指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の精神分析医シェインウルフ医師は「子どもにとって最悪な親とはどんな親ですか」とよく聞かれるのだとか。彼の答えは「自分が素晴らしい親だと信じて疑わない自己陶酔型の親」です。

シェインウルフ医師はこのタイプの親について、2本のブログ記事を米Psych Centralに寄稿しました。読者からは「これは私に起こったことと同じことよ。30年間も苦しんできたけれど、本当のことがわかったわ」などと共感の声があがっています。(文:パッタナカーン山崎)
自分たちが行っている虐待に気づかない家族

ブログでは2つの家族を例にとって説明をしています。まずは、ある2人の娘がいる家族の話。姉はとても良い子で、養子の妹は問題を起こしてばかり。いつも姉と比べられ、両親は妹を「家族の恥だ」と嘆いていました。

妹が10代の初めの頃、父親が出張に連れて行ってくれることになりました。いつも姉ばかりが可愛がられているので、彼女は大喜びでした。部屋で彼女がシャワーを浴びていると、父親が入ってきました。「家族なんだから当然なんだ」と言って。同じベットに寝かされ、「家族なんだから当然なんだ」と言われて一晩中体を触られ続けました。

彼女が母親にこの話をすると、「お父さんがそんなことするはずないじゃない。そんなこと言うなんて、謝りなさい」と、まるで彼女が悪いかのように言いました。彼女はこの出来事を封じ込め、自分の物事の受け止め方が間違っているんじゃないかと思うようになりました。誰も信じられず、友人関係も築くことができなくなりました。

一方、この母親は育児雑誌に「ADHD児を養子にして学んだこと」という記事を書いたことがあります。同じような子どもを持つ母親の助けになればと。父親はビジネスで成功し、多くの人に慕われています。

2人とも、彼女に精神的虐待や性的虐待をしたとは全く思っていないのです。自分たちは優秀な親なのに、妹は遺伝的に劣っていて、彼女を養子にしたことが不幸だったと思っています。数年後、姉は両親と同じような自己陶酔型の親になりました。この種の子育ては世代から世代に引き継がれることがあるのです。
自分は「素晴らしい親だ」と思い、子どもにもそう思わせている

自己陶酔型の人は片方の側からしか物事を見ることができません。彼ら側に付けばよく面倒を見てくれますが、もし反対したり彼らが聞きたくないことを言えば怒りを買います。

「白雪姫」の継母が自己陶酔型の典型例です。鏡が「1番美しいのは白雪姫」と言うと、彼女は白雪姫を森へ連れて行って殺してしまいます。自己陶酔の裏には、無意識の劣等感と怒りがグツグツと煮えたぎっているのです。

自己陶酔型の親は自分に都合のいいことを言ってくれる医者に出会えるまで、医者を渡り歩きます。彼ら自身や子育てには問題はなく、「遺伝的な原因」「変な教師」「予防接種の失敗」のせいにしようとします。

遺伝子や他の理由は成長に関係がないわけではありませんが、すべてに影響するわけではありません。一方、子育ては大きく影響するものですが、自己陶酔型の親にとっては全く関係ないのです。

自己陶酔型の人はアメリカでは増えています。つまり自己陶酔型の子育てもです。彼らの最大の問題は自分が悪いことをしているとはこれっぽっちも思っていないことです。自分は素晴らしい親だと思っているし、子どもにもそう思わせていることです。自分ですら演技していることに気づいていないのです。
周囲が母親に同情するほど「殺したくなる」娘

別の家族では、末っ子が情緒障害児と指摘されました。母親は妊娠中から不安障害に陥り、薬の影響なのか気難しい子に生まれました。母親はずっと他の兄弟に彼女はみんなとは違っていて「おかしい」と言い続けたのです。

父親も彼女を他の兄弟と同等に扱いませんでした。そして、彼女が12歳の時、母親を殺すと脅したのです。母親は慌て、医者に助けを求めました。

娘を心配し弱っている母親に、医者は皆同情しました。しかし、皮肉にも母親が弱々しく、また心配すればするほど、娘は母を殺したくなるのです。とうとう、娘は精神病院に入院させられました。

娘が母親を殺したくなった理由は、彼女が母に対して怒っていること、そして、母の大嘘に気づいていることを、母親は分かってくれなかったからです。家で2人きりの時は、母親はよく大声で罵倒しました。

「なんでこんなことするの? あなたの中には悪魔がいるわ」

戸棚に鍵をかけて閉じ込められたこともありました。家族のみんなから精神異常として扱われ、本人も精神病としてふるまってしまうのです。
犠牲者である子どもは混乱してうまく説明できない

自己陶酔型の親は自分の言動が神からの啓示だと信じ、罪悪感を抱きません。医者の前と、家にいるときとは全く違うのです。とても心配しているように振る舞い、取り乱す彼女を誰も疑うことはありませんでした。彼女自身でさえも。

親の役割は支援的、教育的な環境を子どもに用意することです。どんな状況でも子どもを愛し、認め、尊重すること。しかし、自己陶酔型の親は、もっともな理由をつけて子どもを自己陶酔の餌食にしてしまうことがあるのです。

ヒトラーは典型的な自己陶酔型です。子どもの頃、父親は彼を殴り、罵倒し、世界で最悪の人間として扱いました。極端な自己陶酔型の人間に成長した彼はゲルマン帝国を復活させる救済主になろうとしたのです。彼はまた、父から受けた怒りを吐き出す餌食を求めました。そしてもっともな理由をつけてユダヤ人を迫害したのです。

自己陶酔型の子育ては、親自身がそれに気づかないという点でとても有害です。犠牲者である子どもは何かがおかしいと感じていますが、ひどく混乱し怒っていてうまく説明できないのです。

――シェインウルフ医師のブログの内容はこのようなものですが、同じような体験をした読者からは「ずっと両親の子育てはおかしいと思っていたけれど、この記事を読んで目からウロコでした」といったコメントが多く寄せられています。

あわせてよみたい:米国の医師が教える「毒母」への対処法
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP