ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DeNAの強さ 柴田と土井が出塁しONが返す巨人V9時代に似てる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 前身の大洋時代からBクラスが指定席(65シーズン中48回)で、「横浜銀行」と揶揄されていたのが嘘のように、中畑DeNAベイスターズがセ・リーグの首位争いを続けている。強さの秘密をデータ面から検証する。

 今季の横浜の強さは、なんといっても強力打線にある。チーム打率は.265、得点は214点でともにセ・リーグ1位だ(成績はすべて6月3日終了現在)。

 この攻撃力は得点効率の良さから導き出されている。データ分析は『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)などの著書があり、プロ野球データに詳しい広尾晃氏に依頼した。

 現在の成績を143試合換算した場合に、横浜打線がどこまで数値を伸ばすかをシミュレーションしてみた。打順ごとに本塁打、打点、盗塁、打率を算出すると、今年は1~3番の盗塁と打率が向上し、4番の打点は昨年のブランコが60だったのが今年の筒香嘉智ならば107、5番の打点はバルディリスの52からロペスの70へ、6番は荒波の18からバルディリスの70へと伸びる見込みだ。さらに打順別の打点が4番を中心に分布している。

「昨年に比べて役割分担がはっきりできている。1~3番が出塁して、4番・筒香、5番・ロペス、6番・バルディリスがランナーを迎え入れるパターンが確立している。柴田勲、土井正三の1、2番が出塁し、ONが返す巨人のV9時代と似た得点パターンです。オーソドックスですが、やはりこの形が一番効率が優れている」(広尾氏)

 得点効率の良さは「生還率」でも示されている。塁に出た選手がホームインする確率で、横浜はリーグ2位だ(1位は広島の.330)。昨年は.337でリーグ4位だった。

「2011年の尾花高夫監督時代は.283だったが、中畑監督の2年目からは3割を超えている。つまり今年たまたま点を取れているわけではなく、打線の整備が中畑ベイスターズ最大の成果です」(広尾氏)

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人化進む横浜 「今季の巨人戦もっと数字伸ばせる」と選手
横浜最下位でも中畑監督続投論 今年の観客数は右肩上がり
横浜・中畑監督 インフル療養中に選手名鑑で顔と名前覚えた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP