ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「光宙」らキラキラネームを通じ漢字と日本語とは何かに迫る書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『キラキラネームの大研究』伊東ひとみ/新潮新書/842円

 子供に「光宙(ぴかちゅう)」「心愛(ここあ)」といったキラキラネームをつける人は年々増しているかのよう。だが、当て字や奇妙な漢字の読み方は平安の「明子(あきらけいこ)」や、明治生まれの森鴎外の息子「於菟(おと)」など古くからあった。

 ただ鴎外が、漢文の深い教養を踏まえて命名したのに対し、最近の親は知識より音や感覚を大切にしているので、内実は異なっているという。キラキラネーム現象を通して、漢字と日本語とは何かに迫っていて新たな発見も多い。

※女性セブン2015年6月18日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
キラキラネーム △□一、月夢杏、恋恋愛、男、沖九風、皇帝
キラキラネーム女性「好きだが自分の子の名は慎重に考える」
昨年来「琉絆空」や「結空祷」等震災の影響受けた名前が増加

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。