ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MX Playerがv1.7.39にアップデート、Android 5.x向けに様々な機能改善が行われる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 用の多機能な動画アプリ「MX Player」が v1.7.39 にアップデートされ、Android 5.x(Lollipop) 端末の機能改善を中心に様々な修正が行われました。Android 5.x(Lollipop)関連では、一部の端末において発生した H/W+ ハードウェアデコーダーの不動問題が修正されたほか、Android 5.0 以上の端末向けにロック画面のアルバムアート表示をサポート、外部ストレージに保存したメディアを削除したりリネームすることも可能になりました。また、オンラインから字幕をダウンロードすることも可能になり、キーボードや D パッドのアップ / ダウンキーを設定メニューの「Display」→「Settings」→「Touch」で別の操作に割り当てることも可能になりました。このほか、再生画面において、インタフェースが自動的に非表示になることを無効にするオプションやテーマ機能、スリープタイマー機能が実装されました。「MX Player」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Windows PhoneデザインのXperiaテーマ「Windows Theme for 5.x」がリリース
Xiaomi、6月10日に北京でメディアイベントを開催
Android Mにはダブルタップで画面をON機能が実装されている

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP