体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミネラルウォーターと水道水の大論争。アニメが伝える6つの真実

six-fact-of-the-water

本当にミネラルウォーターは、すべてにおいて水道水より優れていると言えるのでしょうか? そんな疑問に答える動画「The Story of Bottled Water」をご紹介。あくまでアメリカをベースにした作品なので、日本の現状とは当てはまらない部分もありますが、そこには私たちが口にする水に対する、深い考察がありました。

01.
ミネラルウォーターの値段は
水道水のおよそ2千倍

スクリーンショット 2015-05-20 21.12.08

米経済誌「Buisness Insider」によれば、米国で販売されているミネラルウォーターのおよそ3分の2は、1ガロン(4リットル弱)で約$7.5ドル(約900円)ほど。これは同じ量の水道水と比べて2,000倍の値段になる。$2ドルあれば、およそ33ガロン(135リットル)の水道水が買える計算。

02.
水道水のほうが
品質が高いケースも…

スクリーンショット 2015-05-20 21.11.13

オハイオ州クリーブランド市が、あるミネラルウォーターと市の水道水を比較調査した結果、市の水道水の方がヒ素の含まれるレベルが低かったことが判明しました。

では、どうしてこのような結果になったのか?エネルギー施策と環境問題の専門家、Sara Goodman氏が「The New York Times」への寄稿文でこう記しています。

「ミネラルウォーター会社は、環境保護庁が定めるところの、水道水と同様の情報開示を求められていません。そのため、米国食品医薬局がミネラルウォーターを監視しています。この両者がそれぞれを監視しているので、制度の隙間ができてしまい、ブラックボックスが生まれる現状です」

03.
毎週約5,000万本を消費
地球約5周分のペットボトル

スクリーンショット 2015-05-20 21.15.43

米国だけでも、年間約34億リットルのミネラルウォーターが生産されています。そのうちのほどんどは500ml容器で販売されるそう。つまり、おおよそ68億本ペットボトルが生産されている計算に。
1年間52週で割ってみれば、じつに1週間に1億本以上が販売されていることにいることになります。もちろん1リットルを越えるサイズのペットボトルも販売されているため、それを考慮したとしても、少なくとも約5,000万本のペットボトルが販売されているということ。

スクリーンショット 2015-05-20 21.18.16
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。