ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1年間4,500kmを歩いた男性のビフォー・アフターに驚き!「僕は何かを失った・・・」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2007年の秋、Christoph Rehageは、北京からドイツまで歩いて渡るという壮大な挑戦を開始。旅の記録として自分の顔写真を撮り続けた。

2010年、彼は1年間撮りためた写真をタイムラプス映像に凝縮し、「The Longest Way(最も長い道のり)」と名づけて発表。その変化には、圧倒される。

髪も髭も伸び、まるで別人だ。年齢さえ同じとは思えないほど変わった。それだけ過酷な旅だったという証拠かもしれない。彼は動画の説明でこんなことを書いている。

「旅をして1年後。僕は自分の変化に気づいた。でも、代わりに何かを失ってしまった」。

旅は途中で断念

実を言うと彼の旅はドイツまで辿り着くことなく途中で終わってしまった。その後も何度か短期間の挑戦を断片的に繰り返していたが、長くは続かなかった。

彼のHPの質問コーナーには、途中で断念した理由として、こんなことが書かれている。

「元の生活を取り戻したくなったんだ。僕は、自分自身をコントロールできなくなってた。心の中の声は僕に”歩き続けろ”と言った。多くの人がこのビデオを見て、”こんなふうに自由な男になりたい!”と感じただろう。でも、本当のところ僕は何かに動かされ続けていて、自分自身のコントロールが効かなくなっていた」。

彼の旅が完結しなかったことは残念かもしれないが、なかなか真似できない行動だったことは事実。それに、素晴らしい体験にも出会えたそうだ。

「この旅で一番美しかった体験は、たくさんの子ども達に囲まれて、髭に花やビーズを編みこんでもらったことかな」。

その他、動画に表示されたコメントも印象深い。

「あれは本当の自分だったのか?」。

それが旅をする以前の自分のことを言っているのか、旅をしていた自分のことを意味するのか。答えはわからないが、行動を起こしたことで彼の中に起きた変化は、見た目以上に大きかったのかもしれない。

Licensed material used with permission by   Christoph Rehage

関連記事リンク(外部サイト)

アナタも経験あるはず!帰国後すぐ、旅に出たくなる「10の理由」
「目的地」からではなく「今の気分」で選ぶ旅【5選】
女性の海外一人旅にオススメな場所6つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP