ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堺雅人ドラマが視聴率不振の日テレ「救世主は杏」との声出る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 話題にはなるものの結果を出せていない堺雅人主演のドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)。初回視聴率13.9%を皮切りにいまだに15%超えを達成できていない。

「ドラマスタッフは真裏に放映されているフジのドラマ『心がポキッとね』を真似て、口ぐちに“心がポキっと折れたわ”などと言っている」(日テレ関係者)

 なぜ、このドラマの視聴率はいまいちのびないのか? 内容というよりは、ひとつには、日テレサイドと主演の堺とのコミュニケーション不足が原因だと指摘する声も。

「日テレは当初、最低でも視聴率15%超えという高いハードルを設定していました。主演の堺サイドにも、積極的な協力を期待していました。しかし、放送前、番宣絡みのバラティー番組出演などは堺サイドはあまり乗り気ではなかったそうです」(別の日テレ関係者)

 そんな日テレ内で、「新たな救世主」という声が出ているのが今年7月から放送される杏(29才)主演のドラマ『花咲舞が黙ってない』。昨年4月に放映された第1弾は平均視聴率16%超えを記録。しかも、コストパフォーマンス面でも、優れた結果だったという。

「制作費は、1本6000万円超えと噂の『Dr.倫太郎』の約半分だそうです。しかも、杏はバラエティー番組などの事前PR出演も基本OK。局内では4月期に『花咲舞~』をぶつければ『アイムホーム』に勝てたといった声も出ています」(前出の日テレ関係者)

 さらに日テレは杏を完全に囲い込むためあるサプライズ企画を提案しているという。

「夫で俳優の東出昌弘を主演にしたドラマ企画を10月に放送する企画が出ているんです。まだ企画段階なのですが、かつて水谷豊主演でヒットしたドラマ『熱中周時代』のリバイバル企画のプランが出ています」(事情通)

 杏サイドは日テレのこうしたサプライズに大感激し、ドラマ『花咲舞が黙ってない』シーズン2のPRにも全面的に協力する姿勢を見せているそうだ。

 日テレの戦略通り、高視聴率につなげられるのか――。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
連ドラ主演の米倉涼子 1個5000円の高級弁当100食を差し入れ
杏 今も視聴率好調で「時代到来、日テレの命運かかってる」
水曜ドラマ 堺雅人と渡瀬恒彦の倫太郎対決に注目集まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP