ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】FOMCで利上げ決定の思惑残り強含みか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が6月8日~6月12日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は強含みか。16-17日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ決定への思惑が残されており、ドル買いが優勢となる可能性がある。中東やウクライナにおける地政学的リスクが増大した場合やギリシャのデフォルト(債務不履行)への懸念が高まった場合、リスク回避の円買い圧力が強まる可能性がある。

 しかしながら、円高局面では本邦機関投資家による外貨建て資産投資に絡んだドル買いが着実に入ることが予想されており、ドルが大きく売られる可能性は低いとみられる。

【米国下院での大統領貿易促進権限(TPA)法案採決】
 オバマ米大統領に環太平洋経済連携協定(TPP)の早期妥結のための大統領貿易促進権限(TPA)を与える法案は、上院で可決された後、下院で審議されている。ライアン下院予算委員長は法案成立へ自信を示しているものの、民主党議員などの反対により、成立するかどうか予断を許さない状況となっているようだ。

 ただし、TPA法案が米国議会で可決された場合、TPP交渉が進展することで、ドル高・円安要因となるとの見方が多い。

【米国の雇用関連指標】
 8日には19の雇用関連指標で構成される米国4月の労働市場情勢指数(LMCI)が発表され、9日にはイエレンFRB議長が「イエレン・ダッシュボード」で注視している9つの雇用関連指標の内4つが含まれている米国3月の求人労働異動調査(JOLT)が発表される。

 米国の5月の雇用統計次第だが、6月16-17日のFOMCでの利上げの可能性を見極めることになる。

【米国の5月の小売売上高】(11日)
 米国の5月の小売売上高は、前月比+1.1%と予想されており、4月の0.0%からの増加が見込まれている。米国の4-6月期の国内総生産(GDP)の算出に使用されるコア小売売上高(自動車、ガソリンスタンドの売上、建材を除く)にも注目することになる。

 6月8日-12日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(日)4月経常収支 8日(月)午前8時50分発表
・予想は、+1兆6819億円
 参考となる3月実績は+2兆7953億円の大幅黒字となった。貿易収支の改善が寄与した。4月については貿易赤字額が前年同月比で大幅に減少していることや第1次所得収支の黒字が高水準を維持することから全体としても大幅な黒字となる見込みだが、黒字額は3月実績を下回る見込み。

○(日)1-3月期国内総生産改定値 8日(月)午前8時50分発表
・予想は、前期比年率+2.7%
 参考となる速報値は+2.4%。先日発表された1-3月期法人企業統計では、設備投資額が前期比+5.8%の高い伸びを記録しており、改定値(2次速報値)は上方修正される見込み。民間在庫と公共投資の伸びはやや鈍化し、個人消費はやや伸び悩むことが予想されているが、市場予想は妥当か。

○(米)5月小売売上高 11日(木)午後9時30分発表
・予想は、前月比+1.1%
 参考となる4月実績は0.0%。自動車や家具などの販売減少が影響した。5月については自動車販売が回復していることから、大幅な伸びとなる見込み。高級品の販売増加も見込まれており、市場予想は妥当な水準か。

○(米)6月ミシガン大学消費者信頼感指数 12日(金)午後11時発表
・予想は、91.0
 参考となる5月確定値は89.5で予想を下回った。雇用環境は特に改善していないが、先行きについては84.2で悪くない。6月の数字は5月実績をやや上回る可能性があり、市場予想は妥当な水準か。

○日米の主な経済指標の発表予定は、8日(月):(米)5月労働市場情勢指数、9日(火):(米)4月JOLT求人、11日(木):(米)4月企業在庫、12日(金):(米)5月生産者物価指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:122円00銭-127円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
業績上方修正相次ぐ? 日経平均「年内1万2000円」の予測
8月の為替相場 米国債の大量入札、償還でドル安円高の傾向
大円安時代で注目の投資先は日本株 避けるべきは資源関連等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP