ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀座のママ枕営業判決 ベテランママが枕営業の実態を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・銀座のクラブママが客の男性に“枕営業”をし、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」としてママに慰謝料400万円を求めていた裁判。訴えが棄却され連日大きな話題となっているが、その司法判断に対して、現役のホステスだけでなく一般女性からも非難の声が上がっている。

 そこで、銀座に店を持つベテランママに、実情を聞いてみた。

「お客さんをつなぎとめる努力は人それぞれで、容姿ばかりでなく情報や人脈を駆使するタイプもいます。それも含めて、夜の銀座とは接客業の集大成であるんですよ」

 なるほど。枕営業をしていても、お客さんがたくさんついてくれるわけではないということ?

「ま、こんな不況ですから、“枕営業してほしい”っていう下心でもお客さんが増えるんだったら、それもいいんじゃないですか? 本物のホステスは“蛇の生殺し”にしますから(笑い)」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ホステスが枕営業判決に違和感 「会話で喜ばせるのが仕事」
銀座のママ枕営業判決に弁護士「婚姻制度を破壊する暴挙」
“震災ショック”で銀座クラブ続々閉店 跡地を中国人が狙う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP