体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

立川談春 師匠が弟子に「教えない」理由明かす

立川談春 師匠が弟子に「教えない」理由明かす

J-WAVE平日(月〜木)夜の番組「Force Club DREAM TRAIN」(ナビゲーター:秀島史香)。6月8日〜12日のオンエアでは、落語家の立川談春さんがゲストに登場します。

話しにオチをつけるの「オチ」、トリを務めるの「トリ」は、どちらも落語に由来すると言われていることをご存知でしょうか? 江戸時代から続く伝統芸能である落語家という職業ですが、立川さんの独演会は人気でチケットがなかなか取れないことでも有名です。

学生時代に「オチ研」を作り、高校2年生には人前で落語をしていた立川さん。その後、高校中退後に立川談志師匠に弟子入りしますが、なにも教えてくれない師匠に驚きます。その理由とは? 

また、現在の落語ブームを立川さんがどう考えるのか、そして、どうしたら落語家になれるのか、師匠と弟子の関係、また最終夜では「立川談志師匠を師匠に選んでよかった?」「落語は楽しい?」など、7つの質問をぶつけていきます。立川さんのテンポ良く軽快なトークと歯に衣着せぬ物言いは、聞いていて爽快で、まるで落語を聞いているかのような気分になれますよ。

ちなみに立川さんのエッセイ『赤めだか』は、嵐の二宮和也さんとビートたけしさんでドラマ化も決定しています。こちらも楽しみですね!

【関連サイト】
「Force Club DREAM TRAIN」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/dreamtrain/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。