ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

友だちを傷つけているかも? 仲よしだからこそやってはいけない言動

DATE:
  • ガジェット通信を≫


気を許した友だちの前だと、つい本音や甘えが出てしまうもの。
しかし、親しき仲にも礼儀あり! もしかすると、無意識のうちにやっているその言動が、女友だちを傷つけているかもしれません。

突然のドタキャンや遅刻

いつもは必ず約束の時間を守る。そんな女性であっても、仲のよい友だちの前だと気が緩んで、突然のドタキャンや遅刻をしてしまったことがあるのではないでしょうか?
仲よしだから、これくらいは許してもらえると思うかもしれません。
しかし、ドタキャンや遅刻は相手の時間を無駄にする行為。それを平然とやってしまうのは、相手の存在を大切にしていない証拠です。大切にされていないと感じると、誰だってショックを受けますよね。
相手が誰であれ、ドタキャンや遅刻は絶対にしないこと。それでももし時間に遅れてしまうようであれば、きちんと謝ったうえで「お詫びにお茶をご馳走するね」といった心遣いを見せましょう。

気持ちを考えないイジりやお説教

「気を許した友だち=何でも言っていい相手」と思い込んでいませんか?
大勢の前でおもしろおかしく友だちのことをイジる、自分の価値観をぶつけるだけのお説教をする……こんな行為は、相手にとってはただの迷惑。
何より、仲よしだと思っていた相手が、じつは「自分のことを下に見ていた」と感じる言動です。
たとえイジりやすいタイプの子でも、周りと一緒になってバカにした発言をするのはNG。

「この子っておバカキャラだけど、何でも信じちゃうだけなんだよね。純粋すぎて友だちとしては心配だよ(笑)」

このように、友だちの印象がよくなる内容をつけ加えて、フォローをしてあげましょう。こっそり助け舟を出してあげることで、友だちもあなたのことをもっと信頼してくれるはず。
仲がいいからこそ同じ立場で話をする。忘れがちなことですが、常に心がけておきたいことです。
two girlfriends image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
余っていた○○が変身。涼しげなルームフレグランスの作りかた
意外と見られてる、姿勢ブスから卒業する方法
リラックスできる場所は自分で作る、グリーンの習慣

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP