ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北大路欣也 木村拓哉撮影で現場に「息子がお世話に…」と電話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系、2013年)ではしたたかな銀行頭取役で重厚な演技を見せ、現在放送中の『三匹のおっさん2~正義の味方、ふたたび!!~』(テレビ東京系)では町内の平和を守るため私設自警団を結成した剣道の達人というコミカルな役回り。さらにソフトバンクCMでは「お父さん犬」の声優──と、古希を越えてますます芸域を広げて活躍し続ける北大路欣也(72)の役者魂には惜しみない賛辞が集まる。テレビ関係者が語る。

「『三匹のおっさん』ではロケが多くて、スケジュール調整が大変なのですが、現場がピリピリしている中でも北大路さんは笑顔で『こき使いやがって!』なんて冗談を飛ばして周囲を和ませています。

 ロケ地が商店街ということもあり、ファンが集まりすぎて撮影が中断することがあっても、『今日は来てくれてありがとうございます』とファンサービス。大物なのにすごく気さくなんです」

 現場では気遣いの人として有名だ。『華麗なる一族』(TBS系、2007年)と現在放送中の『アイムホーム』(テレビ朝日系)の両方で親子を演じている木村拓哉(42)とは仲がよく、ドラマの撮影で木村が京都のスタジオに入る前には北大路自ら連絡を入れ、「息子がお世話になります」と挨拶したという。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今冬ドラマに「おっさん」増 背景にリアリティー求める傾向
『三匹のおっさん』のロケ 北大路欣也の行動が紳士的と評判
『岳物語』から30年を経て続くシーナ家を椎名誠が綴った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP