ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バンコクでタイの伝統料理をスタイリッシュに楽しむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新しいスポットが続々できているタイ王国の首都・バンコクで、近年新しくできた人気のレストランに行ってきました。

大通りからチャオプラヤ川に向けて細い路地を通っていくと、倉庫風の建物の立ち並ぶおしゃれなエリアにたどり着きます。ギャラリーや、ブックカフェなどと並んであるのが、タイ料理レストラン「ネバーエンディングサマー(The Never Ending Summer)」です。

ここは元々一流ホテルのレストランで働いていたシェフが、子供時代食べ親しんだタイの伝統料理を楽しんでもらいたいという思いで始めたというお店です。

中に入ってみると、ガラス張りでキッチンの中まで丸見えです。味だけでなく、調理中のライブ感も楽しんで欲しいという思いのこもったデザインなんだとか。料理を待っている間も飽きません。

タイといえば、パッタイやトムヤムクンなどが有名ですが、シェフが幼いころに家庭で食べていた味を再現しているというそのメニューは、知らない料理がたくさん。タイ料理の奥深さを感じます。

ランチもある他、夜はバーとしての利用も可能。外のテラス席もあります。ちょっと違ったタイフードを味わってみたい人にはお勧めのスポットです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店:ザ ネバーエンディングサマー(The Never Ending Summer)
住所:41/5 Charoen Nakhon Road Khlong San Bangkok, Thailand
※クロンサンの船着き場から約3分くらいの場所にあります。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP