ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Note 5にSペンが自動的にスライドして取り出しやすくする仕組みを追加?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スタイラスペン「S ペン」による手描き機能を備えた Galaxy Note の次期モデル(Galaxy Note 5)では、既存モデルよりも S ペンが取り出しやすくなっているかもしれません。米国特許商標庁に出願された特許情報から、Samsung が S ペンを自動的に動かして取り出せる機能を開発していることが判明しました。Galaxy Note には S ペンの収納口があるものの、これまでは S ペンを引っ張って取り出す仕組みを採用していました。場合によっては取り出すのに何度かミスすることもあります。そんな S ペン取り出しやすさを改善するためか、Samsung は Galaxy Note 風のスマートフォンデバイスにセンサーと電磁石を用いたペンイジェクション機構の特許を出願していました。しかし、特許の情報によると、その方法は、センサーが外部からの入力を検知して内部の電磁石に電流を流して S ペンをスライドさせる、という特殊なものです。プッシュボタンで取り出せれば簡単な構造で済むと思いますが、機能はロックシステムも備わっているようで、これを実現するために複雑な構造を採用したものと推測されます。Source : Patently Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
インドでAndroid OneのAndroid 5.1.1アップデートが開始
英Handtecが「LG G4c」の予約受付を開始、6月第2週目に入荷予定
スクエニ、Android 4.0以降にも対応した「Final Fantasy Tactics 獅子戦争」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP