ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】漫画『進撃の巨人』の壁の中は意外と広かった! 岩手県から大阪府までスッポリ(笑)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気の漫画『進撃の巨人』は、日本のみならず、世界中で愛されている作品である。この作品の舞台は、壁に囲まれた城塞都市風の街。巨人が侵入してこないよう、巨大な壁に囲まれた街なのだ。

・とてつもなく広大!!
ディープなファンはすでに知っていると思うが、そのスケールに気がついていない人もいるようなので、改めてお伝えしておきたい。一部のファンは、地球上にも存在する城塞都市のように、小さな街だと思っている人もいるようだが、実は、とてつもなく広大なのである!!

・数百キロメートル規模
街には3つの壁があり、いちばん外側から内部の壁まで100キロメートルの幅があり、内部の壁から次の壁まで130キロメートルの幅があり、その壁から中心部まで250キロメートルの距離があるのである。

ウォールマリア ←→ ウォールローゼ 100Km
ウォールローゼ ←→ ウォールシーナ 130Km
ウォールシーナ ←→ 中心部 250Km

・壁の中に岩手県から大阪府まで入る!!
これは、東京を中心として考えると、壁の中に岩手県から大阪府まで入ってしまうことになる。広くても東京23区くらいだと思っていた人も多いようだが、実はとんでもなく広いのである。

https://youtu.be/NQkgmHEA5_E

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/06/06/shingekinokyojin/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP