ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「オレを倒せるのはオレだけ」 ゲットーの星、アレン・アイバーソンの超絶プレーTOP10

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1996年のフィラデルフィア・76ersへの入団以来、長年NBAで活躍してきたアレン・アイバーソン(2013年に引退を表明)。その現役時代の超絶プレー集を見ると、その凄さが改めてわかる。

https://youtu.be/2REkZG-dhHc

“アレン・アイバーソンのベスト・プレー10選”として公開されたこの映像。身長約177cmとNBA選手の中では小柄ながら、抜群のジャンプ力でボールをキャッチしてはゴールに叩き落し、見事得点につなげる様子などが紹介されている。彼よりも大柄の選手達に、自身のモットー「大事なのは体のサイズじゃねえ、ハートのサイズだ!」とばかりに戦いを挑む姿が胸を打つ。そんな小さな巨人・アイバーソンは4度の得点王に輝いた。

また、アイバーソンといえばNBA最強レベルと言われた高速ドリブル「クロスオーバー」。相手の追随を許さないままシュートする様子は、解説者が「最高の独壇場だ」と称賛を贈るほど。さらに相手の攻撃を読み取っては時間差で攻めて得点したり、相手を翻弄してすり抜けてみせたり、仲間のフリースローをいち早くフォローに回って得点につなげる様は、まさに愛称の「THE ANSWER」の名の通りのプレースタイル。常に観客を総立ちにさせるプレイヤーだった。

映像を見た人からは「あらためてNBA史に残る名選手だと思った」など、稀代のプレーヤーを絶賛するコメントが多く寄せられている。

Pound for pound!! Congrats homie. What a pleasure to complete against u and also become a friend in the process. U the reason why I got tattoos, wore a headband and arm sleeve. Thanks for everything!! #AITheGoat #BubbaChuck #HOFNext

LeBron Jamesさん(@kingjames)が投稿した写真 – 2014 3月 1 8:07午後 PST

【参照リンク】
・Allen Iverson: Top 10 Career Plays – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=2REkZG-dhHc

関連記事リンク(外部サイト)

最強オヤジバイカー集団が5歳のイジメられた少女を救うために立ち上がった!怖すぎるよ!
さすが午後ロー!「マッドマックス」放送日に来日キャスト本人が生で見るミラクル!
『マッドマックス』最強悪役の吹替え!竹内力に直撃、「何人か死んでんだろ!(笑)」
美人すぎるHOOTERS(フーターズ)ガールが腎臓病のお客さんに腎臓を提供!世界中で感動の嵐
釣りキチがモンスター級巨大魚をキャッチ・アンド・リリース! 「オレはまたヤツと戦う」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP