ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の自動販売機で売られていた飲み物とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


現在では、普通に街中に設置されている自動販売機だが、みなさんは世界初の自動販売機が、いつ・どこで・何が売られていたか、ご存知だろうか?
1993年10月20日の毎日新聞によると、世界初の自動販売機は、紀元前にエジプトで作られ、聖水を販売していたとのこと。

世界初の自販機は、紀元前にエジプトで作られた聖水販売装置といわれる。硬貨を入れるとその重みで栓が開き、水が出てくる仕組みだった。日本では明治時代にたばこ自販機が発明されたが、本格的な自販機時代が始まったのは一九五〇年代。十円玉を入れると紙コップにジュースが出てくる「ジュース・クーラー」が大ヒット、その後コーラ、コーヒーなどが登場した。その後も商品の多様化が進み、最近では生花や果物、ネクタイの自販機、さらに住民票や成績証明書の交付機も開発された。

参考:1993.10.20「毎日新聞」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】将棋の王将を「王」と「玉」に変えたのは、あの武将だった!?
英語の挨拶「ハロー!」も、あの発明家が!?
結婚指輪をするようになったのって、いつから?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP