ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

過労で倒れた社畜を待ち受ける運命は? オフィスコメディ漫画「働かないよ!ロキ先輩」が連載開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、ニートが社畜と戦う漫画「高機動無職ニーテンベルグ」を取り上げたが、今度は主人公が社畜の漫画が登場した。6月4日に発売されたヤングエース7月号(KADOKAWA)で連載を開始した柳ゆき助「働かないよ!ロキ先輩」だ。

主人公の平並凡人(ひらなみぼんど)は、超大手企業のスパルタ社に勤務。エリート街道まっしぐらだったが、「人の10倍働け」「腸炎ならトイレに出社しろ」と言われる激務の中、過労で倒れて入院してしまう。
入院中の隣の患者に「立派な社畜だね!」と言われる

身を粉にして働いていたものの、「役に立たなくなった者に費やす時間はないよ」とバッサリ解雇通告された凡人。ベッドの上で、失意の底に沈んでしまった。

「こんな無茶振りも俺が信頼されてるからだ 俺が欠けたらだめなんだって死にものぐるいでやって来たけど 全然そんな事なかったな…」

そんなときに出会ったのが、隣のベッドに入院していたロキだ。凡人が入院した経緯を知ると、笑顔で「立派な社畜だね!」とズバリひと言。「いやー私もなってみたいな~無職!」と神経を逆撫でしてくる。

ロキは、自分を社長だと自己紹介。凡人を自社へ執拗にスカウトしてくる。しかし、仕事を「楽しい」と言うロキとは相入れそうになく、退院した凡人は他の会社に応募の電話をかけようとする。

ところが凡人の手は、電話をかけられずに止まってしまう。解雇されたときの記憶がフラッシュバックしてしまったからだ。

「またあの生活に戻る…? 休みも睡眠時間も友人に会う暇もない毎日に? …働くって何なんだ? 何十年も我慢を続けて会社に尽くして、それで何だ? だから何だっていうんだ…?」

キャラクターの名前には「北欧神話」が

結局、凡人はロキが紹介したアスガル社の面接を受けることに。現れたのは強面の凹電(おうでん)で、ロキが社長というのは大嘘。本心では断りたいと思っているものの、社畜の性か、凡人はついこのように口走ってしまった。

「大変歴史ある素晴らしい企業とお見受けし 是非御社で働きたいと―…!!」

果たして凡人の新しい仕事はどうなるのか…。雑誌の性格からして、読者層は10代後半から20代がターゲットと思われるが、「働かないよ!」というテーマがどのくらい受け入れられるのだろうか。

なお「働かないよ!ロキ先輩」のカラーページには、「ちょっぴり北欧神話っぽいオフィスコメディ」との謳い文句が。そういえば「ロキ」は、北欧神話に登場する悪戯好きの神様の名前。社長として登場する凹電は「オーディン」と推測できる。新しく勤務するアスガル社は、ロキが暮らしていた王国「アースガルズ」が由来だろう。

今後の展開次第では、他の神様にちなんだ登場人物も現れそうだ。アスガル社での凡人の仕事ぶりとともに、新たなキャラクターにも注目したい。

あわせてよみたい:コミック誌が「持ち家女子」に照準合わす?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP