ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進行性メラノーマに光明 免疫チェックポイント阻害薬で効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚の色素を作り出す細胞が悪性化した腫瘍だ。発生部位は足の裏が多く、爪や顔、体などあらゆる皮膚に発生する。早期であれば手術で治療可能だが、進行すると決定的な治療法がなく、予後(よご)が悪い。5年後の生存率は約10%と極めて危険ながんだ。

 ここ30年ほど、メラノーマの治療薬は開発されていなかったが、2014年に世界に先駆け、日本で免疫チェックポイント阻害剤のニボルマブ(商品名:オプジーボ)が保険承認された。

 国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科の山崎直也科長に話を聞いた。

「がんの免疫療法は、1970年代から盛んに開発されましたが、ほとんど成功しませんでした。しかし、メラノーマの中には、自然消退(しょうたい)といって、がんが小さくなったり、消えたりする例が5%程度あることが知られています。これは、免疫の力でがんを治したために起こったものです。免疫チェックポイント阻害薬は、従来とは作用機序(きじょ)の違う方法で、免疫力を引き出す治療として開発されたものといえます」

 がんは自分の細胞が変化したものなので、体の外から来る細菌やウイルスのように、免疫細胞によって攻撃対象だと認識されにくい。認識した時にはすでに遅く、太刀打ちできないほどに増殖している。しかも、がん細胞には、Tリンパ球など強力な細胞の免疫機能を抑制する特別な能力がある。これによって、がんは免疫細胞の攻撃を避けることができる。

 免疫チェックポイント阻害薬は、がん細胞による抑制機能を解除し、再びがんを攻撃させる薬だ。チェックポイントというのは、免疫細胞の表面についているタンパク質のことで、免疫細胞には働きを抑制するものと活性化するものがある。チェックポイントの一つであるPD-1が、がん細胞のPD-L1と結合すると働きが抑制される。ニボルマブは抗PD-1抗体として結合を阻害することで、がんへの攻撃を再開させる。

「普通、薬には量に応じて効果が変わる用量依存性がありますが、ニボルマブはありません。体重当たり0.1mgでも10mgでも効果は出る。しかし、適量がわかりにくい。

 また、最初の3か月は変化がないか、逆に症状が悪化しても、その後に効き始めることがあり、ずっと効果が持続するという特徴もあります。中には治療後すぐに転移してしまっても、あきらめずに治療していると、ゆっくり効く場合もあります。しかも、1度効果が出ると長期にわたり効果が持続します」(山崎科長)

 海外で使用されている同様の作用機序のイピリムマブには、10年間効果が継続している患者もいるという。副作用は皮膚のかゆみや下痢、肝臓障害、ホルモン障害、間質性(かんしつせい)肺炎などがあるので、専門医の指導のもと、治療することが重要だ。ニボルマブは他のがんの治療薬としても注目され、治験が始まっている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅
米大学研究チーム発表のがん治療 末期患者のがん細胞が消滅
最新のがん治療 感染するとがん細胞を破壊するウイルス利用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP