ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江戸総鎮守・神田明神が神社にまつわる素朴な疑問に答える書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『神社のおしえ』神田明神 編著/小学館/1000円+税

 日本人なら誰もが神社に訪れたことがあるはずだが、その詳細について知る人は少ない。本書は、江戸東京の総鎮守である神田明神が様々な素朴な疑問に答えるかたちで編纂された書。

 そもそも神さまとは何なのか、「祟り」はあるのかといった話から七五三や「厄年」の意味、神社での年中行事やお参りの仕方、〈お守り袋はただの袋で、袋に入った中身のほうが「お守り」なんです〉と、その“力”や扱い方などがやさしく語られる。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
神田明神 平将門が御祭神から外されていた時期が実はあった
神社に必ずある「鳥居」 その起源を皆さんはご存知だろうか
お寺の中に神社ある場合も東大寺では神社に鎮守の祈り捧げる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP