体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】「部落」「在日」「パチンコ」……タブーにも切り込む『ニコ生トークセッション』とは?

ニコ生トークセッション

2月7日『ニコニコ生放送』にて『ニコ生トークセッション「メディアが報じないパチンコ業界の闇」』が放送された。 ニコニコ動画管理人でもある、ひろゆき氏がホストとなり、ジャーナリストの若宮健氏を迎え著書『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか?』から、テレビや新聞では語られないパチンコ業界にまつわるタブーに触れ、放送中にはパチンコの依存性の高さや北朝鮮との関係、更にはパチンコ業界に関わる現役政治家の名が実名で読み上げられなど刺激的な内容となった。 今回はニコ生トークセッションのプロデューサーである小島健太郎氏にインタビューを行い、本放送について、また『ニコ生トークセッション』など、いわゆる”言論系”生放送についてお答え頂いた。

-まずは経歴を教えて下さい。
元々はドワンゴのプロモーションチームだったんですが、ニコニコ大会議が始まってニコ動で初めての全国ツアーに齋藤Pさんと一緒にディレクターとして帯同しました。 そんな中、政治番組や書店のトークイベント中継の人気も高まり、社会・文化系のコンテンツを作ろうということになって。 社内では政治などもひっくるめて”言論系”という言い方をしているのですが、討論とかトークショーとか検証番組を本格的にやっていきましょう、じゃあ社内で誰か出来ないかな?ってことで、僕がその候補の一人となって動き始めたのきっかけですね。

-『ニコ生トークセッション』はどのようにして生まれたのですか?
何回くらいだろ? (生まれたのは)去年の4月か5月くらいから。 『ニコ生トークセッション』という名前はそんなに考えて作った訳じゃないですが最初はひろゆきさんの力を借りて、ひろゆきさんと誰かの対談ものを、というイメージでした。 色々な分野からゲストを呼んで、具体的には小林よしのりさんとか。 ただ、お金を出来るだけ安くやろうと思って、出版社の新刊紹介を兼ねた番組にして著者を出そう、新書のプロモーションとのバーターでやれば安くできるかな、と。 ただ宣伝だけになっては面白くないので、しっかりテーマを選んでやっています。

-今回のパチンコもですが、以前にもネット右翼であったり、若者ホームレスやブラック企業・ヤクザ・部落・六本木の闇など、結構危ない橋(テーマ)を渡っているようにも見えるのですが……、大丈夫ですか?
やる前は半分面白がってやっているところもあるんですよね。 ニコ動だからできることってなんだろう、テレビじゃやれないことってなんだろうと。 『ニコニコ生放送』って嘘がつけないコンテンツじゃないですか。 「やりましょう」とテーマを決めてやるんですが、特にネット右翼とかはクレームがくるんじゃないか?とかヤクザ(というテーマ)だったらヤクザがくるんじゃないか?とかね。 正直びびりながらやっていて、実は本番中は手に汗をかきながらやっています。

-今回のパチンコでは、見ている僕らですらハラハラするくらいでした。 反応はどうでしたか?
(インタビューは放送の翌日に行われた)まだ1日なので分かんないですが、コメントやメールでは批判が来ていますよ。ただどんな番組でもクレームはあります。 また今回のパチンコの件では物語がありまして、・・・・・・助田君。

と、ここで小島氏に同行していたドワンゴ助田氏にバトンタッチ。 氏は今回の放送の立役者でもある。

助田氏(以下、助):もともと某局でニュース番組を制作していて、そこの特集枠を担当していたんですが、色々な社会問題に切り込むビデオを作っていたんです。 元々僕は「テレビじゃできないことをテレビでやりたい」と、やっちゃいけないことばっかりやっていたんですが(笑)、ちょうど昨年末くらいに「なんでみんなパチンコを批判しないのだろう?」と疑問が起こり、それをきっかけに取材を進めていくと、どんどん闇がでてくる。 そこでリサーチを進めて企画会議で提案したらゴーサインを貰った。 それから一ヶ月は取材を進めVTRも作って。 じゃあ専門家に取材もしよう、といった時に……プロデューサーから連絡があり「来週の(パチンコをテーマにした)放送はなし」と。

1 2 3次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。