ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「一次面接で落ち続ける人」の特徴 まずは「働くのが嫌で仕方がない」態度から改めよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「一次面接で落ち続ける人」の特徴 まずは「働くのが嫌で仕方がない」態度から改めよう

経団連の「倫理憲章」の横やりはあるものの、多くの就活生はすでに何度も面接を受けていることでしょう。選考が順調に進んで内定を得ている人もいれば、不合格が続いて悩んでいる人もいると思います。

とはいえ、二次面接や最終面接まで行ける人は、何社か受ければ自ずと結果は出る可能性が高いです。しかし「一次面接で落ち続けている人」は要注意です。抜本的な改善が必要なのですが、本人は気づいていないことが多々あります。(文:河合浩司)
「一度は就職してみてもいいか」と思えてから応募して

実際に私自身が面接をしていて、「このままではどこからも採用されないだろうなぁ…」と要らぬ心配をしながら見送る後姿を見送る就活生は、一人や二人ではないのです。彼らには、共通した3つの特徴があります。

1つ目は、あえて厳しいことから指摘しますと、「働くのが嫌で嫌で仕方がない…」という雰囲気が全開に出ていることです。思わず「そんなに働くのが嫌なら、働かなくてもいいんじゃないの!?」と言ってあげてしまいたくなります。

個人的な見解かもしれませんが、働くだけが人生ではありません。本当に嫌なら働かなくてもいいのではないでしょうか。嫌々仕事をしても、結局心身ともに壊してしまうことにもなりかねませんから…。

就職以外の道を模索して、「一度は就職してみてもいいか」くらいの気持ちになってから、就活をするのも一つの方法ではないでしょうか。

企業側も「仕事大好き!ヒャッホウ!」みたいな人ばかりを捜し求めているわけではありません。せめて「どうせ仕事をするなら、こういうことをしてみようかな」くらいはないと、面接で落ち続けることを繰り返し、自信をなくし続けてしまいますよ。
挨拶できて目を合わせて話せれば「第一印象」はOK

2つ目は、「第一印象の悪さ」です。この手の話になると「印象が暗い」ことを悪く言う人をよく見かけますが、無理して明るくしても入社後に困るだけです。会社によって暗い人が多く集まっている会社もあるので、私は「暗さ」を一概に悪いとは考えていません。

第一印象を良くするのは、決して難しいことは要りません。入室する時から普通に挨拶をしたり、目を合わせて会話をしてくれたりすればいいだけなのです。

就活の噂話で「採用担当者は、第一印象だけで合否を決める」というものがありますが、あれはウソです。しかし、第一印象が良いと、面接担当者が期待するのは確かです。

期待すると、自然と相手への興味関心が強くなりますし、話を聞く気も高まりますから、結果的に通りやすくなるのです。第一印象が悪いと、面接を早く終わらせたくなるのが人間の性です。
会話ができず「一方的に喋り倒す人」は不合格

3つ目は、面接が「会話になっていないこと」です。これは以前にも記事で書きましたが、質問に対する答えが答えになっていない人が非常に多いのです。

例えば「ご自身の長所はなんですか?」「学生時代に頑張ったことはなんですか?」という問いに対して、「長所は、好奇心が強いところです。興味を持ったことは、とことん調べます」「頑張ったことは水泳部の活動です。大学生活を振り返ると、泳いでばかりでした」とひと言プラス一文くらいで答えてくれたらいいのです。

にもかかわらず、1分も2分も一人で喋り続ける人がいます。その挙句、答えの最後には「以上の理由により、御社でも結果を残せる人材です!」などという意味不明な結論に無理矢理結びつける人がいます。

残念ながら就活にはこのような間違った指導が横行していますが、これが間違いであることに気づかないようでは、不合格にせざるをえません。

「一次面接が通らない!」と悩む前に、自分が会話をしているかどうかを確認してみてください。大事なのは相手の質問をきちんと聞いて、問いに答えることです。この当たり前のことができていない人を落とすのが、一次面接なのです。

あわせてよみたい:「グループ面接」では隣の人の発言に頷く必要ありません!
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。