ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猛暑に要注意、夏バテ解消に効く漢方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暑気あたりや夏風邪、夏やせなど、症状によって異なる漢方

暑さが厳しい夏がやって来ます。猛暑が続くと、夏バテ・熱中症に気をつけないといけません。今回は、夏バテに解消に効く漢方薬を紹介します。

夏バテと言っても、軽い症状から点滴しても回復しない重症まで様々です。胃腸の消化吸収力の低下、食欲不振、下痢、むくみ、貧血、動悸・息切れ、免疫力の低下による長引く風邪、微熱、咳など色々な症状が現れます。

漢方では「中暑(ちゅうしょ)=暑さにあたる」といいます。暑さと労働で発汗して、水分が十分に補給できなくなり、「口渇=のどがカラカラ」になって、発熱・譫語(せんご)・煩躁(はんそう)する状態をいいます。また、尿は濃く少なくなります。いわゆる熱中症の症状です。このようなときは、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)を、また、尿が少なく出も悪いときは、六一散(ろくいちさん)、猪苓湯(ちょれいとう)などを使用します。天然の白虎湯は、西瓜(スイカ)です。昔の人は、「西瓜を適度に冷やして食べると、中暑に良い」と言っていました。

また、夏風邪をひいて悪寒・発熱・頭痛・脈浮(みゃくふ)で汗が出ないときは、香じゅ飲(こうじゅいん)を中心に使用します。そして、夏になると暑さに弱く、倦怠・食欲不振・夏やせする人には、清暑益気湯(せいしょえっきとう)、参帰益元湯(じんきえきげんとう)などを考えます。

暑い夏には「冷蔵庫病」と「クーラー病」対策も必要

次に、夏バテの中でも、冷たい物の取り過ぎや冷房によって起こる「冷蔵庫病」と「クーラー病」対策も必要です。毎日暑いので、クーラーや扇風機を使い、冷たいビールに清涼飲料水、アイスキャンディー、冷やし中華に冷やしそうめんを食べるのは止むを得ないことですが、内臓はかなり冷え切っています。

漢方では、「寒があたる」と書いて「中寒(ちゅうかん)」といい、「体の色々な機能が低下、循環状態が悪くなって体を温める機能が弱くなるために慢性的に出てくる症候」です。中寒の症状としては、腸管免疫力が低下し、嘔吐、腹痛、下痢、しびれ、重だるさ、筋肉のけいれん、鼻水、ゼロゼロ喘鳴(ぜんめい)を伴う薄い痰などが出ます。冷たい物によってお腹をこわして悪心・嘔吐、腹痛・下痢のときは、胃腸に良く効く漢方薬、かっ香正気散(かっこうしょうきさん)を使用します。さらに症状が悪化してくると、真夏でも体を強力に温める附子(ぶし)や乾姜(かんきょう)の入った漢方薬が必要になってきます。

現代人は、生活環境によってとても体調をこわしやすくなっています。上手に対策を立てて、元気に夏を過ごしたいものです。

(松原 一彦/漢方薬・生薬認定薬剤師)

関連記事リンク(外部サイト)

熱中症になりにくい体質をつくるには
花粉症に効く、眠くならない漢方の種類
古来より伝わる漢方でO-157への備え

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP