ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【驚異】脳腫瘍の手術を受けながらビートルズを演奏! 意識があるまま手術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神経外科医のマーク博士とそのスタッフは、脳腫瘍を患っているアンソニー・ディアス氏(33歳)の手術に取りかかった。脳腫瘍の手術はよくあることらしく、珍しいものではないという。

・患者がギターを弾きながら手術
しかし、いつもの手術と違う点がある。患者がギターを弾きながらビートルズを歌っているという点だ。これはネタでも偽手術でもなく、本当に「患者が演奏しつつ脳腫瘍の手術を受けている」のである。

・部分麻酔のみだった?
日本の外科医の話によると、ほとんどの場合は全身麻酔で手術をおこなうという。しかし患者はギターを弾きつつ歌をうたっているわけで、今回のアンソニー氏の手術は、部分麻酔のみだったのだろうか?

・人間の神秘
いろいろと謎が多い手術の動画だが、人間の神秘を知るうえでも見る価値のある動画といえるだろう。グロテスクなシーンは映っていないので、安心してほしい。

https://youtu.be/uS9I6puPy6I

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/06/05/brain-tumor-surgery/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP