ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【どっちのミカタ?】武井壮のドーピング違反は「出場停止処分では軽過ぎる」発言について、賛成?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。
6月2日、武井壮が自身のツイッターで、「ドーピング違反は出場停止処分だけでは軽過ぎると思う。。」と投稿。「記録や結果だけを不当に奪うだけではない、本来勝つべき選手がその後の人生全てで手に入れる名誉や利益、またその選手をサポートする企業やその国での様々な経済効果やそのスポーツの盛り上がりなどを悪意を持って詐取する重犯罪だと思う。。」などと、ドーピング違反とその処分に対して持論を展開させた。
そこで今回のテーマは、武井壮のドーピング違反は「出場停止処分では軽過ぎる」発言について、賛成?反対?結果は、ご覧の通り・・・
(n=591)
「賛成」と答えた人は468人。「反対」と答えた人は123人と、全体の約8割の人が「賛成」と回答した。

「賛成」と答えた人の意見は、こちら!

「ドーピングしてしまった事情(風邪薬に入ってたとか)は考慮すべきですが、その競技に対する侮辱行為だと思うので、もっと厳しく罰せられるべきだと思います。」(41歳/男性/無職)
「武井壮さんに賛成です。オリンピックというのは人間の中の頂点を決める、また記録を更新する機会であるのに、ドーピングをした人にそれを阻止されるのは腹ただしい。出場停止処分以上の処分がないと、こういうのは減らないと思う。」(21歳/男性/学生)
「努力している人、大会運営側、観客など多くの人に迷惑をかけるとともに、競技自体の信頼性に関わることであるから。」(21歳/男性/学生)
「本当にそのとおりだと思う。ただでさえ体格や環境で優位にたつ外国の上位選手なども、ドーピングで手に入れる記録や名声やお金により、本来の自己能力や努力で記録を上げている選手の評価すら薄れてしまう。物欲に満ちた違反者はスポーツ精神などないのだから重刑に処すべき。」(40歳/女性/専業主婦)
「『ドーピングを使用してはいけない』という誰にでもできるルールを敢えて破るだけでも人として失格であるし、武井さんの言うように他の選手や競技そのもの等に対する侮辱的な行為だから、故意に破った人には極めて重い罰を与えるべきだと思う。」(21歳/男性/アルバイト)

「反対」と答えた人の意見は、こちら!

「ドーピングをしてしまったことはいけないことだが、してしまった本人にもたくさんのプレッシャーによって手を出してしまったのかもしれないから、その後の活躍に期待を込めて。」(25歳/女性/専門職)
「故意なのか偶発的なのかによって違ってくると思う。故意なドーピングであれば出場停止では軽すぎると思うが、知らずに摂取した食べ物などでドーピング反応が出てしまった場合であれば出場停止位が妥当だとも思う。」(41歳/男性/会社員)
「その時は出場停止になるだけかもしれませんが、あとからいろんなことが付いてくると思うので、あれこれ言わなくても、その人の人生は狂い、人生が変わると思う。」(53歳/女性/専業主婦)
「武井さんが言っていることは、わからないでもありません。卑怯な手段使って勝つことは、決して許されることではないと思う。が、出場をとめられるだけでも崖っぷちに立たされたり、選手生命を絶たれる場合もあるのではないのでしょうか?ドーピングで引っかかったというだけで信用はなくなります。社会からかなり厳しさを味わうと思う。」(54歳/女性/パート)
「確かにドーピングは悪いことだけど、スポーツ選手にとって出場停止というのは最もきつい処分だと思うから、それ以上はいいのでは?」(22歳/女性/アルバイト)

今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】ダンクシュートの「ダンク」って?
大相撲の土俵の上にある屋根って、なんで浮いてるの?
ホントにあったの?意外なオリンピック種目!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP