ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

27~30℃の「毛穴熱風」 皮膚にあたると毛穴開やすくなる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 そろそろ厳しい夏が近づいてきたが、多くの女性にとって気になるのが日焼けと毛穴の開き。朝したメイクは時間経過とともに汗と皮脂で流れる。化粧直しをするたび、ファンデーションが開いた毛穴にズボッと入り込み、かえって毛穴は目立ってしまう。

 夏の肌トラブルは、暑さで開く毛穴と汗だけが原因と思いきや、化粧品メーカー・ポーラの最新研究によると、山と海から吹き込む夏特有の熱風も関係しているという。ポーラでは、その風を「毛穴熱風」と呼び警鐘を鳴らす。あおいクリニック銀座・院長で、美容皮膚科医の中野あおいさんはこう説明する。

「夏の風が持つ熱は、27~30℃にもなります。皮膚にあたると、毛穴が開きやすい状態に。そして、その風にほこりや汚れが混じると、開いた毛穴の奥にまで入り込み、皮膚へのダメージを拡大するんです」

 そこで、ポーラが “いい皮膚の日(11月12日)”に合わせて発表する、都道府県別の美肌調査「ニッポン美肌県グランプリ」で美肌偏差値1位の島根県でポーラレディをしている田辺始子さん(65才)は、「春先からは、黄砂やPM2.5などの影響からか、肌がとても敏感になってきます。毛穴の奥まで汚れをしっかり取り除き、しなやかな肌を作り上げるマッサージ、保湿ケアは欠かせません」と、油断することなく肌ケアに励んでいる。

 また、毛穴の開きが目立つと、肌が老けて見えるもの。ポーラのアンチエイジング美容研究室主任研究員・山川弓香さんはこう指摘する。

「女性が年をとるのは“誕生日”ではなく、“夏”という意見も。それは、夏には強い日差しや、暑さによる夏バテなど、体の内外からダメージを受けやすいからです。肌にとって夏は、紫外線ダメージによるシミや乾燥だけでなく、頬の毛穴の開きがもっとも目立つ季節。そのまま放置すれば、毛穴はどんどん開き、キメも乱れ、肌老化が進みます」

“毛穴熱風”は夏の肌の大敵なのだ。

※女性セブン2015年6月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年4回洗髪の五木寛之氏 「毛穴洗浄でハゲ予防」の常識覆す
治りにくい大人の赤ニキビ 早期に使える新薬が今月から市販
「毛穴の汚れを除去」はウソ 毛穴の中には汚れはいらぬと専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。