ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浅田真央 現役続行会見の真相と「美肌」の秘訣を初めて公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フィギアスケート選手の浅田真央(24)が、スキンケア商品「アルソナ美肌ライン」の新広告のイメージキャラクターに就任。5月25日、その新広告ビジュアル発表会に姿を現した。

 1972年から水とミネラルにこだわったスキンケアシリーズを発売しているアルソナ。

 16才から同化粧品を使用しているという浅田は、この日、エレガントな白いワンピースで登場。

「普段、真っ白なワンピースをあまり着ることがないので、今日はドレスな感じですけど、すごく気に入っています」と、少し照れながら御挨拶。

 新広告キャラクターに起用された感想を聞かれると、「私でいいのかなという思いもありますし、女性として嬉しいことだと思います」と答えた。

 先日、現役続行を発表したばかりの彼女は、本当は会見で発表するつもりはなかったそうだが、

「4月頃に自分が頑張っていくと決めてからは、後戻りも出来ないですし、やるという気持ちをもって、ずっと練習に励んでいます。発表したあと、やるんだ、という気持ちがより一層、強くなりました」と決意を新たにした。

 どんな未来を期待しているかと問われると、「自分としては、やはりいい未来が待っているといいなと思います。けど、先のことはいろんなことがあると思うので、それを乗り越えながら、最後は良かったなと思えたら」と語った。

 そして、「スケート界の中ではベテランになってくるし、年齢も上になってくる。大人の滑りも目標ですが、今の自分をそのまま表現できればいいと思います。今まで経験してきたことが、そのまま演技に現れると思うので、そんな自分を見てもらいたい」と、胸の内を明かした。

 会見では少々緊張している感じだった浅田。しかし、その後に行われた、石けんの泡立て実演タイムにで、係の人がきめの細かい豊富な泡を作り出すと、思わず満面の笑顔を浮かべた。

 そして、自身でもいつも同社の石けんを使用し、きめの細かい泡をたくさん作って洗顔していることを告白した。

 彼女の美肌の秘訣は、きめ細かな泡づくりにあるのだろう。

撮影■藤岡雅樹


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
美肌化粧品広告に登場の浅田真央 肌の調子は今の方がいい
10月に亡くなった天野祐吉氏が残したメッセージを収録した本
新聞社 「震災の見舞い広告はいかが?」と企業に積極営業

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP