ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

街サイクリングに安全と楽しさを!ヘルメット型ナビシステムが開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イギリス、ロンドンの都市計画イノベーション会社のFuture Cities Catapultでは、未来のサイクリングを変えるかもしれないヘルメット型ナビシステムが開発されている。

「コネクテッド・サイクリスツ」(Connected Cyclists)は「Google Glass」のように、バイザー部分を目にセットすると、見ている風景に重なるようにリアルタイムで情報が見られるウェアラブルデバイスだ。

ネットを通じ道路交通センターから届く最新の交通情報、安全な自転車専用道路、目的地への近道、より空気のきれいなルート、そして事故の起きやすい大型車の横の死角部分などが、センサーデータで表示される。

自転車をこぎながらでも自分の現在地を掴みやすい、モニュメントや建物の表示機能も搭載。

もし、間違えて一方通行の道を自転車で逆走してしまっても、このヘルメットとメーターがすぐに教えてくれて、旅行中に自転車を使う人たちにも道路交通法がよくわかり、使いやすい。

世界中でレンタルサイクルを観光客用に解放する大都市が多い中、都市中心部の主要道路に、自転車レーンを作る公共事業が増えているという。

最新テクノロジーを駆使し、リアルタイムで一番いいルートを教えてくれるこのヘルメットが実用化されれば、地元の人にも観光客にも必要不可欠な物になるかもしれない。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP