ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軽量で長寿命!世界初のポータブルOLEDライト「TripLit」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャンプなど夜間の屋外でのアクティビティ時や停電時に便利そうな照明が登場した。有機発光ダイオード(OLED)で光るポータブルライト「TripLit」だ。

OLEDはすでにディスプレーやテレビなどに使われているが、ポータブルのOLED照明は世界初という。

・フル充電で30時間使用可能

TripLitの形状はラップトップPCのようで、PCのスクリーンにあたる部分が光る。大きさは11.8×10.6cm。ハンガーのようにつるして使うこともできる。

OLEDの特徴としては軽量で、消費電力の効率がいいことが挙げられる。

TripLitはわずか210g。そして1回のフル充電(マイクロUSB経由で4時間)で30時間超も使える。

・虫が集まる心配なし

また、屋外で照明を灯すとどうしても虫が集まってくるものだが、このTripLitではそうしたことはなく、しかも使用時に熱を持たないので子どもでも安心して扱える。

もし、キャンプで何日も屋外で過ごすという人なら、TripLitを充電することができる太陽光発電ガジェットも要チェックだ。

現在、資金調達サイトKicktarterでプレオーダーを受付中で、価格はTripLit(マイクロUSB含む)単体が72ドル、TripLit(同)と太陽光発電ガジェットのセットが96ドルの出資で入手できる。

キャンペーンは7月1日までとなっている。

TripLit/Kicktarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP