ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マッドマックス』最凶のラスボスは攻略可能なのか!? カリスマ性は“ヒューマンガス様”超えと分かる動画

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月15日に全米および世界各国で公開を迎え、40か国で興行成績1位、週末全世界興行成績1位、R指定アクション映画史上1位と快進撃が止まらない『マッドマックス 怒りのデス・ロード』


日本でも6月20日(土)に待望の公開を控えている本作で、今回ご紹介するのは凶悪度MAXのラスボス、ヒュー・キース・バーン扮する“イモータン・ジョー”。そう、『マッドマックス』1作目で暴走族のリーダー“トーカッター”を演じたキースが、再びシリーズに返ってきたのです! 巨大トレーラーと正面衝突して吹っ飛んだはずなのに……、不死身(immortal)のジョーってワケですな!


荒廃した砂漠で恐怖と暴力によって民衆を支配するジョーは、水や石油、栽培した食物のみならず、母乳、良質な血液、若くて美人な女性までありとあらゆるモノを独占するイカれ野郎。手下のウォー・ボーイズ(白塗りのハゲ集団)はジョーを神と崇め、ボスのために命を捨てることは喜びだと洗脳されています。悪いヤツほど人を引き付けるんですよねぇ。


しかし、いざ戦闘が始まれば1959年式キャデラック・ドゥビルを2台重ねにした改造車“ギガホース”に乗り込み、先陣を切って走り出すジョー。逃げ出した妻たちを取り戻すため、自らマックス(トム・ハーディ)やフュリオサ(シャーリーズ・セロン)を追いかけるのです。籠城してコマを動かすだけのヘタレとは違うのだ!

ちなみに彼の凶悪すぎるビジュアルは、大気汚染によって身体にダメージを受け、呼吸のためにスカル型のマスクを手放せずにいるから。スケルトンの鎧も全身の発疹をプロテクトするためです。そう考えると、ちょっとだけ不憫かも……。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のラスボスがヤバい!(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=qHkaaJAM6xc

本日公開の特別映像では、ジョージ・ミラー監督、ジョーを演じたキース、美術を担当したコリン・ギブソンらの解説でイモータン・ジョーを大フィーチャー。ホッケーマスクで我々を震え上がらせたヒューマンガス様(『マッドマックス2』)と比べて、明らかに話が通じないヤバいヤツだと思い知らされる内容です。キース自身が、「彼は美しい妻たちに、子を産ませたいんだ。イカれてる。すごいよ」とコメントしているのが非常に笑えます。

ガジェット通信:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』特集ページ:
http://getnews.jp/madmaxfuryroad

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP