ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「すみません」を変換するだけ! 恋も仕事も1.5倍楽しくなる魔法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男女のリアルな生活&恋愛事情を取材し、すぐに実践できるテクニックをお届け。恋に効いて素敵に変身できる「恋愛サプリ」。いい女は、普段のちょっとした心がけで作れますよ。

「すみません」。便利な言葉の落とし穴

たとえば、誰かが落としたものを拾ってくれたときやちょっとしたお土産をくれたとき、あなたの都合にあわせて予定を変更してくれたとき……。
こんなとき、つい「すみません」「ごめんね」という言葉を言ってしまいます。
「すみません」「ごめんね」という言葉には、謝罪の意味だけではなく、「ありがとう」という感謝と「私のためにお手間をとらせて申し訳ございません」という日本人らしい奥ゆかしさが込められています。
あらゆるシーン、あらゆる年齢層に対して使える「便利な言葉」であるからこそ、ついつい使用してしまいがち。

「すみません」「ごめんね」は謝罪に聞こえる

ところが、この「すみません、ごめんなさい」を「ありがとう」に変えるだけで、1.5倍Happyなことが起こるのです。
そのことに気づいたのは、ある素敵な男性のおかげでした。ジェントルマンで、ことあるごとに私の都合やわがままを聞いてくれた彼。
その度に私は「ごめんね」と伝えていたのですが、ある日彼はこんなことを口にしたのです。「どうか謝らないで」と。
じつは私、自分で「ごめんね」と言っておきながら、「謝っている自覚」がなかったのです。どちらかというと「ありがとう」と感謝の意味を伝えているつもりでした。
だから「謝らないで」と言われてびっくり。「いや、謝ってないし。これ、ありがとうのつもりだし」と。

男性は感謝されたい生き物

でも、自分がどんなに「ありがとうのつもり」の「ごめんね」を口にしたとしても、彼に聞こえる言葉が「ごめんね」だったら相手には謝罪の意味としてしか伝わりませんよね。
しかも男性は、謝罪されるよりも感謝されたい生き物。だからこそ「ごめんね」と言われるよりも「ありがとう」と言われたほうが、数倍よろこびを感じるようにできているのです。
つまり、感謝を伝えたいのであれば「すみません」や「ごめんなさい」よりも、ストレートに「ありがとう!」と伝えたほうが、相手の心に直球で届いて響くってこと。
相手はうれしくなってもっと「よろこんでくれることをしたい」と思い、Happyな気分になれる行動をとってくれるようになります。だから「ありがとう」と言葉にするだけで、いいことが自然発生するというわけ。
うっかり口癖になっている「すみません」を、意識的に「ありがとう」に変えるーー。これだけで1.5倍素敵なことが起こるはず!
Young image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「また会いたい!」と必ず思われる、ハートわしづかみのお礼メッセ
どんな男性も必ずテンションがあがる、魔法のモテ言葉
なんでそうなる!? 「君から誘ってきた」と勘違いする男性脳のしくみ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP