ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球toto 「1等5000万円を軸に検討する」との意見も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京五輪の予算拡充に向けて、「プロ野球toto」の創設が検討されている。2001年のスポーツくじ導入時にプロ野球が対象から外れた遠因には、八百長問題が発覚した1969年の「黒い霧事件(*注)」のトラウマがあった。

【*注:西鉄ライオンズの投手らが野球賭博を巡って暴力団関係者から金銭を受け取り、八百長〈敗退行為〉に関与していたとして6人の選手が永久追放処分を受けた事件=2006年4月に池永正明氏は処分解除】

 球界に詳しいノンフィクションライターの松瀬学氏が解説する。

「プロ野球がスポーツくじの対象になるとなれば、関係者は必ず八百長問題を心配します。その懸念を払拭するためには『非予想系』のくじにする必要があるでしょう」

 7種類あるサッカーくじは大きく「予想系」と「非予想系」に分けられる。

 前者は「toto」や「toto GOAL3」のように購入者が試合結果などを予想するタイプ。一方で非予想系として知られるのが「BIG」だ。コンピューターが14試合の「勝ち」「負け」「引き分け」を無作為に選ぶため、購入者は結果を予想する必要がない。1口300円で、14試合すべてが的中の1等は最高3億円となる。

 プロ野球くじもBIG方式なら八百長が防げるというのが超党派のスポーツ議連内の基本認識になっている。購入者自身がどのチームの「勝ち」に投票するかを決められないから、八百長は起こらないという理屈である。

 議連関係者は具体的な仕組みの検討が、かなり進んでいることを明かした。

「プロ野球はJリーグより球団数が少ない。対象試合数が少ないと当せん確率が上がるので、1等金額は低くなってしまう。それだと話題にならないから、2日間12試合を対象にして、毎週開催の形式を取る。

 BIGに倣って結果を3種類に分けたいが、野球はサッカーより引き分けが少ない。そこで“引き分け”の範囲を広げて本拠地開催のチームの『2点差以上の勝ち』『1点差以内』『2点差以上の負け』といった分け方がいいという意見が出ている」

 当せん金額についても様々な構想がある。BIGの場合、対象14試合すべての結果が的中する確率は約480万分の1で1等は最高3億円。13試合を予想するtotoでは的中の確率は約160万分の1で同1億円。「totoのほうが3倍当たりやすいから1等の最高額は3分の1」となっている。

「プロ野球totoを12試合対象にすると、すべて的中する確率は約53万分の1で、BIGより9倍当たりやすい。これまでの考え方に倣えば1等の金額は約3300万円だが、それではインパクトに欠ける。サッカーくじよりも当てやすくて魅力的だと打ち出すために、1等5000万円を軸に検討することになるだろう」(同前)

 1等最高5000万円だとしても、BIGを上回る話題を呼ぶことは可能だ。宝くじ評論家の長利正弘氏が指摘する。

「毎回1等が出るとは限らないので、誰にも当たらなかった当せん金が次回にキャリーオーバーとなります。ただ、どれだけ積み上がっても上限が定められている。BIGではキャリーオーバー総額が80億円になったこともありますが、1人がもらえる上限は6億円です。

 野球totoの人気を出すにはキャリーオーバー発生時の上限を10億円くらいに引き上げる手があります。海外では『上限なし』という設定のくじもありますから不可能ではないでしょう」

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球totoのキーマンを直撃 「やるとすれば、BIG方式」
新設の五輪担当大臣 最初の仕事は「プロ野球toto」の創設か
1等約2億円 ブラジルW杯totoが発売中でコロンビア戦も対象

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP