ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若手時代に実現していた馬場と猪木のシングル戦は馬場の全勝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストでの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、一般的には実現しなかった“世紀の一戦”として認識されている馬場と猪木のシングル戦について、若手時代に行なった全16試合の軌跡を辿る。

 * * *
 ジャイアント馬場とアントニオ猪木のシングルマッチは、昭和36年5月から6月にかけて6回、昭和38年4月から10月にかけて10回、合計16回行なわれていた。

 両者の初対決が実現したのは、日本プロレスの“春の本場所”『第3回ワールド大リーグ戦』開催中の昭和36年5月25日、場所は富山市立体育館。馬場は23歳、猪木はまだ18歳だった。

 前座の15分1本勝負として行なわれたシングルマッチは、馬場が10分0秒、フルネルソン(当時の表記は羽交い絞め)で猪木からギブアップを奪った。

 長身の馬場が猪木の背後にまわり、長い腕を猪木の両脇から差し込み、大きな両手でクラッチを握りながら、猪木の後頭部を上から押さえつけ、猪木がもがき苦しんでいるシーンを想像してみるとおもしろい。

 2度目の対戦は、それから2日後の5月27日(岐阜・岐阜市民センター)に行なわれ、馬場がボストンクラブ(逆エビ固め)で猪木からギブアップ勝ちを収めた。この試合では、ファイトタイムが10分から5分30秒へ半分に“短縮”されている点が非常に興味深い。

 3回目から6回目の対戦は四国、九州巡業中の6月10日(徳島・徳島市民会館)、6月16日(福岡・八幡市黒崎安川体育館)、6月20日(大分・別府市営温泉プール)、リーグ戦終盤戦の6月28日(大阪・大阪府立体育会館)に行なわれ、それぞれ9分から11分の試合時間で馬場がフォール勝ちした。

 同年7月に戦列復帰した猪木は、7月から10月までの3か月間に、さらに9回、馬場と対戦。ここまでの7回の顔合わせとの大きな違いは、この9試合のうちの4試合が45分3本勝負で争われたことだった。

 試合の日時・場所と結果を簡単に列記していく。

 7月19日=東京・リキ・スポーツパレスでの30分1本勝負は17分21秒、体固めで馬場の勝ち。7月28日=静岡・三島大社境内での45分3本勝負は2-1で馬場の勝ち。この試合で猪木はドロップキックで馬場をコーナーに激突させ速攻の3カウントを初めて奪った。

 8月3日=大阪・岸和田市港広場での45分3本勝負は2-1のスコアで馬場の勝ち。8月9日=東京・足立区立体育館での20分1本勝負は10分26秒、体固めで馬場の勝ち。8月16日=東京・リキ・スポーツパレスでの45分3本勝負は2-0で馬場のストレート勝ち。

 9月4日=愛知・刈谷市営球場での45分3本勝負は2-1のスコアで馬場の勝ち。9月23日=秋田・大曲市営競技場での30分1本勝負は14分5秒、体固めで馬場の勝ち。9月28日=福島・福島県営体育館での30分1本勝負は11分55秒、体固めで馬場の勝ち。

 最後のシングルマッチとなった10月2日=栃木・足利、月見ヶ丘体育館での20分1本勝負は12分0秒、体固めで馬場の勝ち。対戦成績は馬場の16勝0敗という圧倒的な数字だけが残った。

■斎藤文彦(さいとう ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究所修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ-とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
猪木が「宿命のライバル」馬場に挨拶するところを松山千春目撃
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。