ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今くるよ 相方の死に憔悴、食事も満足にとっていない状態

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「亡くなる3日前にね、看護師さんが朝の検診で、“里谷正子さん”と声をかけると、“はい、里谷、28才です!”って。看護師さんが思わず笑ってね。漫才師やね。感動しました。それが最後の会話でした」

 5月28日に胃がんのため亡くなった漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよさん(本名・里谷正子。享年67)。翌29日に京都市内で営まれた通夜で、相方・今くるよ(67才)は長年コンビを組んできた相方をこう悼んだ。

 通夜には桂文枝(71才)や宮川花子(59才)など生前親交のあった著名人ら100人が参列し、みな沈痛の表情でいくよさんの亡骸に対面した。

 彼女に胃がんが見つかったのは、昨年9月のこと。手術はせずに抗がん剤治療を選び、3か月の休養後、12月には舞台に復帰した。

 その後も治療を続けながら仕事をこなしていたが、5月11日、大阪・なんばグランド花月の公演の後、体調を崩して入院。これが最後の舞台となった。

 1973年のデビュー以来、女性漫才師の先駆けとして活躍してきた『今いくよ・くるよ』。2人は同じ高校のソフトボール部に所属する同級生。高校卒業後はそれぞれOL生活を送っていたが、1970年に揃って会社を辞め、今喜多代(享年85)に弟子入り。コンビを結成した。

 苦節10年、バラエティー番組『花王名人劇場』(フジテレビ系)の出演を機にブレーク。以後、売れっ子女性漫才師の道を爆進した。

「その後も結婚もせず、ふたりは近所のマンションで暮らしていた。“相方が配偶者なんや”なんて言って笑っとったよ」(前出・漫才関係者)

 2009年、くるよが心筋梗塞で倒れた時には、いくよさんが彼女を献身的に支えた。

「入院中は毎日お見舞いしていたし、退院後も毎日くるよさんの自宅に通って、料理を作って、身の回りの世話をしていました。くるよさんのために、中性脂肪やコレステロールがたまりにくいメニューを一生懸命勉強したそうです。くるよさんは“こんな相方もってホンマに幸せや”って、話していました」(前出・芸能関係者)

 そして昨年9月、いくよさんに胃がんが発覚すると、今度は立場が逆になった。いくよさんが抗がん剤治療のために入院すると、くるよは毎日お見舞いに行き、退院後は彼女の自宅に通って生活の面倒を見ていたという。通夜の席で今後の活動について聞かれたくるよは、

「しばらくは考えられへん。歌手や女優になることを決めたら、皆さんにお知らせしますわ」

 と、気丈にも報道陣を笑わせたが、いったん公の場を離れると、憔悴しきった様子が隠せずにいる。

「“いくよちゃんあっての私やから、もう仕事なんかできへん”って泣いてばかりで、食事も満足にとっていないんです…」(くるよの知人)

※女性セブン2015年6月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今井雅之「どうしても出たい」と中居正広と最後の共演果たす
辻希美からママ友が離れたとの懸念 「長女の運動会でポツン」
収監中の小向美奈子受刑者 「幻のAVデビュー作」が流出した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP