ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つり癖直らぬ大谷翔平「監督が野球の素人だから」とカネやん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投手として開幕から無傷の連勝を続ける日本ハム・大谷翔平。だが不安がある。相変わらず直らない「つり癖」だ。

 大谷はプロ入りして以来、度々投球中に右足ふくらはぎがつる。今季は3月27日の開幕戦で6回途中、そして4月26日のオリックス戦で5回で降板している。昨年も4月と6月に同じことがあった。

 今季開幕前の沖縄キャンプで大谷と対談し、いくつかのアドバイスを送った400勝投手でカネやんこと金田正一氏が語る。

「ワシは左投げだから左足のふくらはぎがつった。つまりプレート板を蹴るほうの足がつるんだ。これは下半身をよく使って投げている、良い投げ方をしている証拠。だがもちろんつらないよう注意するのが基本だ。

 足への負担が大きいから走り込んで鍛え、常にトレーナーを従えて食べ物にも気を遣う。足を冷やさないようにするのも大事だ。今の選手は、暑いからと短パンを穿いて、何のケアもしない。大谷も同じだろう。体のケアができないと一流の選手とはいえません」

 さらに金田氏は、「足がつるというのは体からの“警告”なんじゃ。対処を間違うと大変なことになるぞ」と続ける。

「万が一、足がつらないよう庇(かば)う投げ方になると、今度は上体で投げようとしてヒジや肩を壊してしまう。つることが下半身の鍛錬不足、体のケア不足であることを教えてやれる指導者がいないと、間違った方向へ行ってしまう。

 監督が野球の素人だから、指導もできずこんなことになるんだ」

 球界の至宝を託された栗山英樹監督の責任は重い。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大谷翔平 金田正一氏に勝利目標を問われ「20勝」と言い直す
日ハム大谷翔平 金田正一氏に今季「20本塁打が目標」と語る
金田正一氏 大谷翔平に「二刀流でなく二重人格か?」と質問

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。