ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【元祖の店】元祖日本人のつくるインドカリーを楽しもう。中央区新川の「デリー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


上野のデリーというカレー屋をご存知だろうか。デリーと言えばインドカレーの草分け的存在で、カレー好きで知らない人はいない、というほど有名なお店。

創業昭和31年のデリーレストランが作り出すカレーはこれまで多くのファンを唸らせてきた。

そんな老舗「デリー」に22年間在籍し、研鑽を積んだ日本人店主が作るインドカレーをご存知だろうか。そのお店の名前は「新川デリー」。

上野デリーから暖簾分けを許された新川デリーは、元祖日本人が作るインドカリーとして、知る人ぞ知る名店なのだ。

・こだわりの調理法
こちらのカレー、スパイスや素材にこだわるのはもちろん、提供するカレーによってタマネギの切り方を変えるというこだわりの調理法。さらに日本の風土にあうよう、油分を控えめにしたりなど日本人の食文化に近くなるような工夫がこらされており、日本人のための極上のインドカレーを楽しむ事ができます。

・オススメのコルマカレー
こちらのお店でオススメしたいのがコルマカレー。トロミのあるコルマカレーは、1人前にタマネギを2玉モツ買っています。コルマカレーのタマネギは繊維にそって切ることで、独特のトロミを作り出しており、じっくりと炒められたタマネギは甘みとコクをたっぷりと感じられる味に仕上がっています。

・水・木限定のコンチネンタルカレー
もし水曜日もしくは木曜日に訪れるのであれば、コンチネンタルカレーもオススメしたい。このカレーの素晴らしさはそれぞれの素材のウマミをたっぷりと感じられることだ。鶏肉はしっとりと柔らかくジューシーな味わい。タマネギ、ジャガイモ、ニンジンはそれぞれの野菜の香りとウマミをしっかりと感じる事ができ、素材のウマミを感じた後に、爽やかなカレーの味わいが口一杯に広がっていく。

・無料のトッピングでさらに美味しい
こちらの新川デリー、カレーを楽しめる無料のトッピングが3つも揃っている。きゅうりのピクルスやたまねぎのキムチ(アチャール)で、味の変化を楽しみながら、程よい塩加減のあるチーズをトッピングすることでコクと旨みをカレーにプラスする事ができる。


・サイドメニューも味わい深い
カレーだけでなくサイドメニューも充実している。インドのポテトサラダと言われる爽やかな酸味が嬉しいアルブルタや羊のウマミをたっぷりと感じられるシークカバブ。そして各種のラッシーが揃う。


日本人が作る日本人のための本格的インドカレー。この店でしか楽しめないその素晴らしいスパイシーで爽やかなカレーは、この夏の暑さを乗り切る強力なアイテムの1つと言えるだろう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 新川デリー (DELHI)
住所 東京都中央区新川1-28-35 鳴門ビル1F
営業時間  11:00~22:00
定休日 日曜・祝日
お店のTwitter http://www.shinkawa-delhi.co.jp/index.html













カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP