ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いい身体といい男が手に入る!? 「ストイックな女」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏に向けて身体を絞っていきたいこの時期は、ジムでのトレーニングにも気合が入ります
しかもジムには、いい出会いがあるなんて噂も!? とはいえそこはジム。外見を気にしてキメキメのヘアやメイクをするのはナンセンスです。
ジムではやっぱり、ストイックに頑張る姿が一番の魅力となりそう。

ヘアは「ひっつめ」で本気度をアピール

道端アンジェリカさん(@angelica_michibata)が投稿した写真 – 2015 5月 27 9:11午後 PDT

ワークアウト中の道端アンジェリカさん。後れ毛をいっさい排除したひっつめお団子が、トレーニングへの本気度を表しているよう。

中村 アンさん(@cocoannne)が投稿した写真 – 2015 6月 2 9:48午後 PDT

中村アンさんは、ポニーテールにヘアタイをプラス。カラフルなヘアタイが、実用性と女性らしさの両方をかなえてくれています。
真剣にトレーニングをするなら、髪が顔にかかったり、汗でうなじに張りついたりするのはイライラするもの。
ヘアスタイルはいさぎよくピシッとまとめる! そのカッコイイ姿がジムで人目を引きそうです。

メイクは必ず崩れるから、落とすのが先決

ジムでメイクをする必要がないのはわかっているけれど、一応人の目があるから、眉くらいは描いておきたい。という気持ちもありますが、ここはやっぱりノーメイクになるのが理想です。
以前私が通っていたジムでは、汗で右の眉だけメイクが取れて、左は残っているとか、アイメイクがにじんでパンダ目という女性を見かけたことが。
メイクが崩れて汚くなることを考えれば、最初からノーメイクでトレーニングに励んだ方が、きれいに見えると感じました。
ちなみに、ジムで知り合った男性とつきあったことがあるという友人によれば、会費の高い高級ジムが狙い目なんだそう。
「昼間はマダムしかいないけど、夜や休日に行くと、面白い職種の人や、バリバリ働いている人と知りあえる」と言っていました。
もちろん、ジムに行く目的はトレーニングですが!! ほかの楽しみもあれば、さらにヤル気が増しそうです。
sporty-woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
パサパサ髪とツヤツヤ髪。違いは「糖化ケア」にあり!
プチプラで便利。『フライングタイガー』の使えるヘアグッズ
ダイエット中におすすめ。高カロリーなものの上手な食べかたまとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP