ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人は褒められると、脳内でお金をもらうのと同じ反応が起きているらしい…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

褒め上手な人が得をする、という印象はなんとなくありますが、実は脳内では、実際にそれを裏付ける反応が起こっているとか…。

ライフタイルに関する情報を紹介するwebサイト「mindbodygreen」で、女性ライターKaia Roman氏は「なぜお互いにもっと褒め合うべきなのか」を、実際に身の回りにいる女性を例にして説明しています。
ちょっと恥ずかしくて難しい、なんて人も多いかもしれませんが、想像以上のメリットがあるかもしれません。

 

私の友達には、いつも自然と相手を褒めるくせのある女性がいる。すべての人に対して同じ振る舞いをしていて、たとえ私がヨガのクラスの後で汗だくでも、ドレスを着ていても、いつも私がどれだけ美しいのかを伝えてくれる。

もちろん
上辺だけの言葉じゃダメ

彼女の凄いところは、それが全然ウソじゃないところ。適当なおべっかじゃないことがハッキリとわかる。うぬぼれているわけではないけれど、彼女は単純にその時の一瞬一瞬を、ポジティブな解釈や視点で見つけるのが得意で、寛大な心を持っているだけなのだ。

だって、スーパーのレジの女性やその同僚、さらにその友達。もっと言うと彼女自身知らない人と電話で会話している時でさえ、情熱的に相手を褒めている。それは女性だけじゃなく男性も同じで、まるで狙ってるんじゃないかと思わせるくらいだ。100%の確率で出会った人間を褒める。

でも、彼女は思ったことをそのまま口にしているだけ。何か決まったパターンも、ウソも、見返りを求める気持ちも全くない。まるで心臓が柔らかいふわふわの毛で包まれているかのような温かい対応に、いつも本当にビックリする。

褒められた時の脳の反応は
お金をもらった時と同じ

日本の生理学研究所の調査では、褒められることによって脳にどんな影響があるのかが研究されている。脳内の線条体という部位が活性化して、現金を受け取った時と同じような反応があるのだそうだ。

反対に、目的があって相手を褒める人もいる。何かを売っている人は特にそうだ。認めて欲しかったり、注意を引きたかったり、見返りが欲しい人。でも、そういう人からは、安っぽくて不誠実な印象を受けてしまうもの。その違いは結構はっきりしている。人間の脳はそれを判断できる。

内面を見ることが大切

私自身、高揚して打ちのめされるような心のこもったコメントを信じる。きっと、伝える才能を持っている人は、何かを受け取るよりも、与えることの方が楽しいことを知っていて、心の底からポジティブな気持ちを生み出すことで、世界を変化させることができる。

彼女がみんなにかけている言葉は、内向的な私にとっては口に出すことが難しい。シャイでモジモジしてて、自分の世界に縛られている。でも、もし生まれ変わることができるとしたら、彼女のような人になるべきだと思う。あんなことがさらっと言えたらなと思う。

感動する言葉って何だろう?

私は1日に何度も美しい言葉に打ちのめされている。それは外見的な美しさのことではないけれど、誰かを愛する方法って一緒にいてあげることだったり、気にかけてあげられることそのものだったりする。

私が思っていることをそのまま口にしたとき、みんなは快く受け入れてくれるだろうか?一度、実験してみたいと思う。ちょっとしたイメージチェンジみたいなもの。自分のコンフォート・ゾーンの外に出て、回りにいる人を出来る限り褒めてみる。一体何が起きるだろうか?楽しみだ。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

世界有数の特殊部隊ネイビーシールズ。6ヶ月間の過酷な訓練から学ぶ「人生で大切な10のコト」
犬好きの女性は、冒険心があってポジティブである「8つの理由」
【究極の選択】どちらを選ぶかで人生が劇的に変わる「2つの選択肢」とは? 英・科学者の結論が明快

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP