ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Live Report】矢野顕子&上妻宏光/二重奏~ピアノと三味線による日本文化の継承、NY公演を逆輸入の形で再現~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ピアニスト/シンガーソングライターの矢野顕子と、ソロ・デビュー15周年を迎えた三味線プレイヤー上妻宏光による公演が、5月30日ビルボードライブ東京にて行われた。

 本公演は、2014年9月にニューヨークのジャパン・ソサエティーで行われ、矢野と上妻にとって初のコラボレーションとなった公演を逆輸入する形で再現された。個性あふれる二人の演奏は今回“日本文化の継承”を意識しており、民謡をベースにした曲が軸となった。

 上妻は黒のスーツ、矢野は黒とシルバーのドレスで身を包み大きな歓声とともに登場。呼吸を合わせていくようなピアノと三味線で奏でる富山民謡の「こきりこ節」が始まると、序盤から「この二人でないと実現できないライブ」であることを感じさせられた。続いて青森民謡「弥三郎節」を披露した後、ステージ上に上妻が一人で残り「津軽じょんから節」の旧節と新節を比較しながら演奏すると、そのテクニックの素晴らしさに観客から感嘆の声が上がった。上妻は、三味線の特徴について“弦を叩くこと”と“即興で演奏すること”だと説明し、後者においてはジャズのようだと語った。続いて上妻と入れ替わるように、矢野が弾き語りで昨年リリースされた自身の曲「海のものでも 山のものでも」と、豪快なアレンジを加えた「いい日旅立ち」のカバーを披露。軽快なリズムで踊っているようなピアノと、誰よりも楽しそうに歌う“矢野顕子節”は観客の目と耳を存分に楽しませた。

 再び二人でステージに立つと、互いにNY公演を振り返りつつ、今回の公演について上妻が「民謡を歌うことで日本中を旅しているようだ」と振り返り、今回のコラボレーションを通じて「日本語の響きと良さを伝えたい」と語った。続く、宮城民謡「斎太郎節」では観客も手拍子で参加。民謡独特の“手拍子のタメ”は「日本のグルーヴなんだ」と語る二人の言葉を、客席もともに体感させられた。そして上妻の曲に矢野が詞を付けたという「ソリチュード」では、互いの音が合わさることで曲の切なさがより色濃く表れていた。

 アンコールを受け、津軽三味線を演奏する上妻と青森県出身の矢野は、MCに青森弁を交えつつ最後に青森民謡の「ねぶた祭り」を演奏。「ラッセーラー、ラッセーラー、ラッセーラッセーラッセーラー」とおなじみの掛け声で、会場全体を巻き込みピアノと三味線が共鳴し、観客との大合唱で幕を閉じた。楽器はもちろん、民謡や日本の文化の魅力に再度気付かされるような「伝統の継承」と呼ぶにふさわしいステージとなった。

Photo by 矢部志保

◎公演概要【矢野顕子&上妻宏光/二重奏】
日程:5月30日(土)
会場:ビルボードライブ東京
出演:矢野顕子(Piano, Vocal)
上妻宏光(津軽三味線)
セットリスト:
01. こきりこ節
02. 弥三郎節(やさぶろう節)
03. 津軽じょんから節 旧節(上妻宏光ソロ)
04. 津軽じょんから節 新節(上妻宏光ソロ)
05. 海のものでも 山のものでも(矢野顕子ソロ)
06. いい日旅立ち(矢野顕子ソロ)
07. 田原坂(たばるざか)
08. 斎太郎節(さいたろうぶし)
09. ソリチュード
EC. ふなまち唄

関連記事リンク(外部サイト)

渡辺香津美/坂本龍一/矢野顕子/高橋幸宏/村上“ポンタ”秀一/小原礼ら参加のKYLYN ついにハイレゾ配信開始
矢野顕子とTIN PAN【さとがえるコンサート】特典DISCのダイジェスト映像公開
矢野顕子と上妻宏光によるコラボライブの日本初公演が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP