ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイベックス松浦社長 スマホ時代こそ定額制音楽配信が最適

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月27日、Android/iOS向けアプリ「AWA」がリリースされた。AWAといっても、かつて存在したアメリカのプロレス団体のことではない。エイベックス・デジタルとサイバーエージェントの共同出資による新会社・AWA(アワ)が開発したAndroid/iOS向けサブスプリクション型(定額制)音楽配信サービス(アプリ)のことだ。

 開始段階では23のレーベル・プロダクションが参加して100万曲超が用意され、以後参加企業を増やして2015年末には500万曲、2016年末までに1000万曲の提供を見込む。ユーザーは最初の3ヶ月間は無料で使え、以後Lite Plan(月額360円)かPremium Plan(月額1080円)に移行しなくてはならない。

 海外ではスウェーデン発の「Spotify」が高い支持を得ており、日本への進出も予想される。定額制は世界では音楽の聴き方の潮流の一つとなった。だが、多くの海外諸国とは異なり日本では、音楽の版権をレコード会社だけが所有するのでなく、プロダクションなども保有する。権利者の許可取りが非常に困難なことや、新しいことを突然開始することへの抵抗感もあり、業界一体となった活動がしにくいという事情があったのだ。とはいっても今後日本でもAWAだけでなく、LINE MUSIC、Apple Musicの登場も見込まれサブスプリクション型の競争激化も見込まれている。

 AWAの配信楽曲調達手配の中心人物は、長年業界で活動してきたエイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人社長*1。同氏が数年前からこのAWAの構想を実現すべく、同業者に丁寧に説明をし、今回のリリースに至った。参加予定企業はユニバーサルミュージックとワーナーミュージック・ジャパン、ソニー・ミュージックエンタテインメントや、JVCケンウッド、ビクターエンタテインメント、ポニーキャニオンなど国内外の大手も含め、23社におよぶ。

*1:事業パートナーであるサイバーエージェントはアプリケーションの開発・運営およびビッグデータの活用、データ分析などの連携等を行う。

◆サブスクリプションはスマホ時代にフィットした音楽視聴形態

 今回のリリースにあたっては、松浦氏の音楽業界全体に対する大きな懸念があった。松浦氏は語る。

「日本の音楽業界の売り上げが右肩下がりになってから10年以上になります*2。海外ではサブスクリプションのサービスはすでに始まっています。今後Spotifyを含め、海外のサービス*3が日本に入ってくるでしょうし、日本企業発のサービスも始まります。当然AppleやGoogleも参入してくるでしょうから、この分野のサービスが多数立ち上がります。

 こうしたサービスの会員数のトータルが数千万単位の規模になったときに、音楽業界は右肩下がりの状況から脱せられます。利益構造も変わり、利益も出るようになります。こうしたことを私は確信していますので、海外から入ってくるサブスクリプションと、我々が展開するサービスで相乗効果を生み出し、会員数を伸ばして市場にも浸透させていきたい。具体的にどうなるかはまだわかりませんが、音楽の聴き方も変わっていくことでしょう。現在のスマホが必須になったライススタイルの中で、サブスクリプションは一番フィットする音楽関連サービスになっていくと思っています」

*2:音楽ソフト+有料配信のピークは1998年の約6000億円。2014年は約3000億円。
*3:iTunes Radio、Google Play、Amazon PRIME MUSIC、Rdio、Xbox Music、Playstation Music、Deezerなどがある。

◆一番の特徴はあの懐かしの「ダビング」的機能

 AWAの一番の特徴は「プレイリスト」だ。これは、ユーザーが作った思い入れのあるプレイリスト(複数の曲をユーザーが自由に組み合わせ、あたかもCDのプロデューサーになれるような機能)に加え、独自のリコメンド機能(「これを聴いたらどうですか? という推薦機能)により、「まだ知らぬ、でも好きな音楽」と、「好きだった音楽」との再会が実現される。

 現在50歳の松浦氏も含めアラフォー~アラフィフ世代ならば分かるだろうが、かつて人々はラジカセに空のカセットテープを入れ、好きな曲がラジオから流れてきたら慌てて「REC」ボタンを押し、46分や60分が埋まるとA面・B面に何の曲が入っているかを、カセットテープに付随する紙にすべて記入していた。それが進化するとダブルカセットで「再生」(アーティストのテープを使用)と「録音」(空のテープを使用)を同時に行い、オリジナルカセットテープを作っていた。あるいは持っている複数のCDから好きな曲だけを集めて1枚のMDに入れていた。これをあたかも「自分だけのコンピレーションアルバム」のようにして友達や好きな人に貸したりしていたが、これを現代に蘇らせたようなものである。

 これまでにもYouTubeでは同様の機能はあったものの、著作権者が削除要請をした場合、歯抜けのプレイリストとなり、「昨日までは聴けたのに……」といった事態もあった。AWAの場合はすでに許可を取ったものであるだけに、突然アーティストやレコード会社が脱退しない限り、こういった事態は発生しない。

 多くの大手が今回参加し、今後さらに増やしていくが、いきなり23のレーベル・プロダクションが参加したが、これは容易なことだったのだろうか。

「全然スムーズに立ち上がったとは思っていないですよ。日本に関してはとかく『ガラパゴス』と言われがちですが、特に音楽の分野でガラパゴスな部分が多いです。日本特有の権利関係が存在しており、サブスプリクションが欧米で流行っていながら、なかなか参入できなかったという障壁の原因にもなっていました。こうしたことを私達エイベックスは理解していたので、権利をクリアすることができたのではないかと思っています」(松浦氏)

 レコード会社に対してはこうしてつぶさに権利関係をクリアして協力体制を築き、AWAに理解を示してもらえたわけだが、実際に曲を作るアーティストも松浦氏の把握している範囲では賛成しているという。それは当初はCDで音楽を売っていたが、その後ダウンロードでの販売も受け入れられたのと同様のことだろう。

「スマホという文化が今はあり、音楽もこの新しい文化を用いた新しい伝え方・広がり方が今回出てきました。アーティストもこの新しいスタイルの誕生によって、自分たちの音楽が今後広がっていくのかにすごく期待していると思いますよ。CDの重要性も変わりませんし、AWAができたことにより、新しい音楽のつくりかたといいますか、発表の仕方とか色々新しいものが出てくるのではないかと思います」(松浦氏)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
JAL稲盛和夫氏「コスト削減徹底もサービスの質は下げるな」
携帯電話通信費 留守電、端末保証、SMSなどを見直して節約
自治体の介護サービス 練馬区には高齢者の出張調髪サービス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP