ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

弱点の無いエース・菅野智之 データが明らかにした弱点とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 読売巨人軍の菅野智之は「弱点のない投手」といわれる。まずデビュー以来3連敗がない。今年も2連敗は2回あったが、負ければ3連敗となった5月12日の広島戦では、前田健太とのエース対決を7回1失点で制し、その後3連勝に繋げた。

 制球力、変化球はどれも球界トップクラス。加えて直球でも相手をねじ伏せられる。「突出した決め球があるわけではないが、すべてが平均以上」というのが菅野の特徴だろう。

 交流戦開始前段階での防御率は1.36。確かに弱点などなさそうに見える。しかしそんな菅野にも苦手があった。「暑さ」と「先制点」だ。

「菅野は今年4敗しているうち2敗がデーゲームのマツダスタジアムです。リーグ戦ではドーム中心の登板でしたが、交流戦では屋外の球場を避けて通れない。暑くなってきたこの時期の屋外での試合がポイントになりそうです」(番記者)

 また、菅野は味方が先制してくれた試合では通算23勝0敗と滅法強いが、逆に先制点を挙げられた試合では8勝15敗と極端に分が悪くなる。対戦チームとしては、いかに菅野から先制点を奪うかが攻略のポイントになる。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3年で消えた“幻の球団”「高橋ユニオンズ」の軌跡描いた書
逸ノ城の九州場所取組順「勝ち越させようという意図か」の声
来年は100連敗が心配東大野球部 OB小林至氏らから懸念の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP