ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今井雅之「どうしても出たい」と中居正広と最後の共演果たす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優の今井雅之さんが5月28日、大腸がんのため亡くなった。54才だった。

 SMAPの中居正広(42才)は、1996年のドラマ『味いちもんめ2・京都編』(テレビ朝日系)での共演をきっかけに20年近く今井さんと親交を深めてきた。今井さんは、中居にだけは本当の病状を打ち明けていた。

 5月17日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した際、中居はこう語った。

「去年の秋口ぐらいに、直接、ぼくに電話がかかってきて。実は“もうダメだと思う”って…。食べられないつらさと、睡眠薬がないと寝られないつらさと、毎日筋トレやっていたのに、筋力が全部なくなってしまって、立てなくてそれがやっぱりとにかくつらいと…」

 今井さんにしてみれば、その涙で交わした電話は、覚悟の電話だったに違いない。信頼する中居だからこそ、強気で知られる今井さんも思わず弱音を吐露してしまったのだろう。

 この頃、中居も苦しい時期を過ごしていた。2月19日にがんのために亡くなった父・正志さん(享年79)の闘病生活が続いていたのだ。

「喉頭がん手術を繰り返し、声帯を切除した正志さんは飲まず、食わず、しゃべらずの日々を過ごしていました。80kg近くあった体重も40kg台にまで落ちてしまうなど、それは過酷な闘病生活で…。中居さんはそんな正志さんに付きっきりで看病していたんです」(中居家の知人)

 やせ細っていく父親の姿に、今井さんの姿を重ねたこともあっただろう。中居にとって大切なふたりの命が燃え尽きようとしていた。

 命の限りを悟った今井さんは、中居との最後の思い出をつくるためか、こんな行動を…。

「今井さんは中居さんの番組に“どうしても出たい”と言って、最後の共演を果たしたんです。このとき、すでにゲッソリとやせてしまっていましたけど、今井さんは中居さんといつもの何気ないやりとりをしていて、本当に楽しそうでした」(今井さんの知人)

 以下が、そのやりとり(3月10日放送『中居正広のミになる図書館』・テレビ朝日系)だ。X JAPANのファンだったことを明かした今井さん。そこにはこんなやり取りがあった。

中居「何? 今井雅之、X JAPAN好きなの?」
今井「ゴメンね!」
中居「知らないソレ!」
今井「SMAPじゃなくてゴメンね!」
中居「やかましいわ! 嫉妬しないわ!」

※女性セブン2015年6月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中居正広 実家近くの寿司店のお土産寿司で父へ最後の孝行か
SMAP中居正広 21才上の鶴瓶を呼び捨てにしても許されるワケ
中居正広 2度目炊き出しの餃子、チャーハンに絶賛の声出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP