ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小物で即「ボヘ見せ」。 フェスファッションに使えるアイテムって

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏フェスの予定も徐々に埋まりつつある今日このごろ、当日の服装どうする? と友達と相談中の人も多いのでは?
今年は70年代のレトロファッションがトレンドということもあり、ボヘミアンスタイルがフェスシーンでも盛り上がりそうな予感!
ちょっとしたプラスするだけで、とたんにボヘミアンぽく見せちゃう、こんなアイテムに注目です。

レース、羽、ビーズ!

 
Cindy Alisaさん(@940914c)が投稿した写真 – 2015 5月 25 5:28午前 PDT

レースのトップスは、ボヘミアンスタイルっぽく見せるのにとても有効なアイテム。透け感があればあるほどリゾーティなムードに。フェスやリゾートではマキシワンピの上にオン
なかにタンクトップなどを合わせてきれい目なボトムとコーディネートすれば、オフィスシーンでも使えます。
羽モチーフやビーズモチーフも、フェスっぽさを醸し出せるアイテムです。

ヘッドバンド、丸サングラス!

@hiii.p25が投稿した写真 – 2015 5月 29 7:58午前 PDT

フェスファッションとして取りいれている子も多いのが、ヘッドバンド。サッカー選手がつけてるアレ!? と思いがちですが、ガーリー仕様のかわいいものがたくさんあるのでご安心を。
とくに人気なのは、刺しゅう使いのものや、フラワーモチーフのもの生花で自分たちで作っちゃう! なんて人もちらほら。
甘くなりすぎてしまうのがちょっと…という人は、丸サングラスでスパイスをオンすればベストバランスに。

フリンジ!

@nachosgadgetが投稿した写真 – 2015 5月 21 2:47午前 PDT

もうひとつ、取りいれやすいのがフリンジ。ボトムよりトップスに取り入れるとガーリーさをキープできそうです。
フリンジバッグなら、普段ファッションに合わせてもグッド。他の小物とのバランス感を考えて、どこにフリンジを取りいれるかを決めるといいですよ。
キュート&それっぽい小物使いで、フェスシーンがもっと楽しく盛り上がりそう!
Group Of Young People Enjoying Outdoor Music Festival image via shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
白シャツを極める次のステップは、スタイリングの小ワザにあり
自立したオンナの代名詞、白シャツを極めてみよう
自分をもっと洗練させる、指先の「背伸びジュエリー」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP